DocomoからLINEモバイルへ乗り換え|スマホが利用可能になる方法『保存版』

DocomoからLINEモバイルへ乗り換え|スマホが利用可能になる方法『保存版』
2020年6月12日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。

『DocomoからLINEモバイルへMNP乗り換えする方法と手順を詳しく解説!』

2020年に4年目を迎えた格安スマホの『LINEモバイル』はご存知でしょうか?

すべてのプランに『データフリー』と呼ばれる特定アプリの通信量無制限が採用されていて、LINEやSNS利用者に人気が高まっています。

特にLINEがデータフリーなのはかなり嬉しいですよね。

そんなLINEモバイルに、MNPを利用して乗り換えを検討している方も増えてきています。

そこで今回はdocomoのスマホからMNPでLINEモバイルに乗り換える方法解説していきます。

DocomoからLINEモバイルへ乗り換え|Docomoで使用していたスマホはLINEモバイルで使うことは可能?

スマホの乗り換えで一番のネックは、『端末の買い替えが必要かも知れない』ということ。

現在使用中のdocomo端末をLINEモバイルで使いたい!

と思う方も多いはずです。

しかしご安心ください。2015年5月以降に発売された端末ならLINEモバイルに乗り換えることが可能です。

2015年4月より前に発売された端末を利用中の場合、一部の端末ではLINEモバイルが利用できないので要注意!

詳しい動作確認済み端末はこちらでご確認下さい。

また、LINEモバイルではドコモ回線以外にもau回線とソフトバンク回線を提供していますが、

ドコモの端末を使用してラインモバイルのau回線・ソフトバンク回線に乗り換えたい場合はSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除にはいくつかの条件があります。

ドコモ端末をSIMロック解除する条件
  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなどの各種ロックがかかっていない
  • 購入日から100日経過している
    ※ただし『端末の支払いが終わっている』『携帯料金支払い方法をクレジットカードにしている』のどちらかに該当する場合は100日経過していなくてもSIMロック解除可

以上の条件に当てはまればドコモ回線を解約済みでもSIMロック解除してLINEモバイルで利用できます。

SIMロック解除は『WEB』『電話』『ドコモショップ』のいずれかで受け付けていますが、おすすめはWEBからの手続き!

『電話』『ドコモショップ』でSIMロック解除を行うと手数料3,000円が発生するのでご注意ください。

詳しくはdocomoのSIMロック解除に関するWEBページを参考にしてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

DocomoからLINEモバイルへ乗り換え|LINEモバイルのdocomoのプランの料金を比較!おすすめプランもご紹介

キャリアの乗り換えに関しては、『どれくらいお得になるプランがあるか』ということも重要ですよね。

乗り換えて、今まで払っていた月額料金よりも高くなったら意味がありませんから。

そこで、LINEモバイルとdocomoのプランの料金比較をしてみました!

今回は『自宅にWi-Fiがあって外でもあまり気にせず通信している』という前提で『5GB』のプランで比較していきますね。

これからLINEモバイルへ乗り換えの際はぜひ参考にしてみて下さい。

docomo『ギガライト』『ギガホ』

現在docomoでは個人ユーザー向けに『ギガライト』と『ギガホ』の2種類のプランを提供しています。

『ギガライト』は大手キャリアで主流になっているステップアップ式のいわゆる『使った分だけお支払い』というタイプのプランで、

『ギガホ』はたくさん通信する方向けの大容量プランです。

ギガライト ギガホ
~1GB 2,980円
~3GB 3,980円
~5GB 4,980円
~7GB 5,980円
~30GB 6,980円

ここに別途通話量やオプションが加算されますが、今回は純粋に通信量のプラン料金で比較していきますね。

ドコモの場合は7GB以上通信を行うならギガホを契約した方がお得ですね!

自宅にWi-Fiが無い方や外出時でも動画視聴を楽しみたい方、通信量をあまり気にせずにスマホを使いたい方などはギガホ、

自宅にWi-Fiがある方や音声通話利用がメインでスマホを使う方、スマホ料金をできるだけ少額に抑えたい方はギガライトに契約しているのではないでしょうか。

今回は5GBの比較なので、月額料金は最安値で4,980円となります。

LINEモバイル『ベーシックプラン』

LINEモバイルは大手キャリアより更にシンプルで、基本は『ベーシックプラン』の1種類のみ。

ここにSIMカードの種類やオプションを追加して好みのプランを作っていく形になります。

データSIM 音声通話SIM
500MB 600円 1,100円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

LINEモバイルの場合はかつての大手キャリアプランのような定量制で、『契約時に決めたデータ量で契約をして余った分は翌月繰越』となります。 ※プランはいつでも変更できます

今回はキャリアプランと条件を揃えるため音声通話SIMを選択し、5GBのプランが無いので6GBの料金で比較しました。

LINEモバイルで6GBの利用料金は月額2,200円と、

毎月2,780円も安くなることがわかりました!

更にLINEモバイルでは『LINE』の通信量はいつでも高速通信で通信量を消費せず使い放題(=データフリー)です。

友達と大量のアルバムを共有しても、遠く離れた家族や恋人と毎晩のようにLINEでビデオ通話を行っても通信量消費はゼロ。

スマホをコミュニケーションツールとしてフル活用するなら最高のプランだと思いませんか?

そんなLINEモバイルの中でもおすすめしたいプランはこちら!

ベーシックプラン 音声通話SIM 3GB+SNS音楽データフリー 月額1,960円

今やスマホユーザーから切り離せない存在となったLINEとSNSの通信量に悩まされている方も多いのでは?

そんな方におすすめなのが『ベーシックプラン 音声通話SIM 3GB+SNS音楽データフリー 月額1,960円』です。

いくら友達との通話がLINEで済むからといって固定電話にかけられなかったり緊急通報(119や110等)できないのは困りますよね。

メインスマホにLINEモバイルを考えているなら格安SIMでも音声通話(携帯電話番号)をつけておくのがおすすめ

『3GB』だと少ないんじゃない?

とお考えの方! 普段はどんなことに通信量を使っていますか?

もしLINEやSNSでの画像や動画による大量通信なら、まさにLINEモバイルが強みとしているポイントです。

私のおすすめは『SNS音楽データフリー』という月額480円でTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがデータフリーになるオプションです。

ついつい見がちなTwitterやInstagram、気がつくと大量通信しているLINE…

LINEモバイルならデータフリーオプション料を支払うだけですべての通信量消費がゼロ!

高速通信量の枠を使い切ってしまった後でもいつでも高速通信できるので、速度制限がかかった後でも『LINEが遅い』『Instagramが見られない』なんてこともありません。

データフリー対象外のサービスで通信量を消費することが多い方には、

データ量をUPしてオプションを外した『ベーシックプラン 音声通話SIM 6GB 月額2,200円』『同プラン 12GB 3,200円』がおすすめです。

また、TwitterはするけどInstagramは使わないな~という方には、

InstagramとLINE MUSICをデータフリー対象から外した『SNSデータフリー 月額280円』というオプションもあります。

このように基本のプランがシンプルだからこそオプション追加で自分好みのプラン設計にしやすいのがLINEモバイルの特徴のひとつです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

DocomoからLINEモバイルへ乗り換える際に確認すべき注意点

とてもお得なLINEモバイルへの乗り換えですが、乗り換える前に確認しておきたい注意したいことが2点あります。

docomoからMNPでLINEモバイルに乗り換える際の注意点 2つ
  • Docomo独自のプラン・機能が使えなくなる
  • タイミングによっては違約金が発生する

それぞれ詳しく解説していきますね。

注意① Docomo独自のプラン・機能が使えなくなる

1つ目の注意点は、Docomo独自のプラン・機能が使えなくなるということです。

これによって大きなデメリットになるのがキャリアメールが使えなくなる点。

現在使用中の『◯◯@docomo.ne.jp』というメールアドレスは使えなくなります。

乗り換え前にdocomoメールアドレスを登録しているサービスのアドレス変更をしておきましょう。

お友達へのメールアドレス変更のお知らせも忘れずに!

普段気にせず利用している電話かけ放題プランや留守番電話・割込通話・端末保証などの有料オプションも解約されてしまいます。

LINEモバイルで同様の機能を使いたい場合は有料オプションで申し込みましょう。

注意② 契約プランやタイミングによっては違約金が発生する

Docomoで定期契約や割引プランを契約している場合は更新期間を逃すと違約金が発生します。

更新期間以外で解約をすると、違約金(解約金)として1,000円~かかります。

契約内容やプランによってかかる金額が異なるので、詳しくはdocomoのプラン詳細契約中のプランの解約金を確認しましょう。

殆どの方が該当すると思いますので、乗り換える際にはできれば更新月を見計らって解約するのがおすすめです。

DocomoからLINEモバイルへ乗り換え(MNP)する方法と手順を詳しくご紹介

それでは最後にdocomoからLINEモバイルへMNPで乗り換える方法ご紹介します。

必要な方はSIMロック解除もお忘れなく!

他の携帯会社→LINEモバイルへMNP・乗り換える手順

  1. MNPで予約番号を現在契約中の会社から入手
  2. LINEモバイルへ申し込み
  3. LINEモバイルのAPN・ネットワークを設定
  4. MNP転入を切替する

電話番号を引き継がない場合は手続き不要

以上の4つのステップにわけてご紹介していきますね。

① MNP予約番号を取得する

まずはMNP予約番号の取得を行います。

MNP予約番号には有効期限があるのですが、有効期限が10日以上残った状態でなければLINEモバイルに申し込めません。

端末をセットで購入する予定の方以外はLINEモバイルで使用する端末を用意できた状態から乗り換え作業を行うがおすすめです。

docomoでMNP予約番号を取得する方法は以下の3種類です。

docomoでMNP予約番号を取得する方法 3パターン
  • 店頭(ドコモショップ)
  • 電話(ドコモの携帯から151、一般電話から0120-800-000) ※受付時間/9:00-20:00
  • インターネット(My docomo) ※受付時間/9:00-21:30

いずれの方法も手数料が2,000円かかります。

docomoはインターネットから受け付けているので便利ですね。My docomoのオンライン手続きから実行できますよ。

いずれも受付時間が限られているので、生活スタイルに合わせてやりやすい方法で行いましょう!

店頭の場合には『転出したいのでMNP予約番号が欲しい』と伝えればスムーズに進みますよ。

② LINEモバイルに申し込む

MNP予約番号が用意できたら、LINEモバイルを申し込みましょう!

LINEモバイルでは頻繁にお得なキャンペーンを実施していたり、お得なエントリーパッケージを販売していたり、通常よりもお得に申し込める方法が充実しています。

詳しい方法は、以下の記事でもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

できるだけ簡単にLINEモバイルへ乗り換えたい方はこちらのLINEモバイル公式サイトから申し込みを行いましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

③ APNの設定をする

LINEモバイルの申し込みから遅くとも数日で、申込時の指定先まで届きます。

LINEモバイルのSIMカードが手に入ったら、APNの設定をしていきましょう!

SIMカードをセットする時は、汚れがつかないように慎重に落ち着ける場所で行いましょうね。

端末の電源を入れたらいよいよAPNの設定です。

基本的にはSIMカードに付属しているマニュアル通りに進めればOKです。

APNの詳しい設定方法以下の記事でご紹介しているので手順を参考にしながら設定しましょう。

作業時間はおおよそ5分程度です。

④ MNP転入作業

ここまで作業が完了したら、最後はLINEモバイルカスタマーセンターに電話して回線の切り替えを行います。

LINEモバイルカスタマーセンター

電話番号:0120−889−279

営業時間:10:00〜19:00

通話料金:無料

回線切り替えに必要な電話はおおよそ5分程でおわりますので

ちょっとした休憩の時間などを利用して電話回線の切り替えを行なってください。

これで、LINEモバイルの全ての設定が完了です。あとはLINEモバイルを楽しむだけ。

DocomoからLINEモバイルへ乗り換えのまとめ

ドコモからLINEモバイルへの乗り換えはとても簡単です。

ドコモ回線への乗り換えなら多くの場合はSIMロック解除も不要で、LINEモバイルが提供する電波もきちんと拾うことができます。

月々の料金を抑えてスマホを利用したいのなら、ぜひ乗り換えてみてくださいね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル