LINEモバイルの審査の内容|通る原因について

LINEモバイルの審査の内容|通る原因について
2020年5月6日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルの契約の審査にかかる時間や日にちは?審査基準や土日でも審査される?』

SNSのカウントフリーやわかりやすいプランで人気の格安SIMといえば『LINEモバイル』ですが

いざ実際に契約しよう!
と思ったときにはやはり多少の審査が必要になってきます。

大手キャリアと違って実際の店舗がないLINEモバイルではどんな審査があるのか、

審査にかかる時間はどれくらいなのか、

契約時の審査について詳しく知っておけば申し込み前の不安も軽減されるのではないでしょうか。

ということで今回はLINEモバイルの契約審査についての詳細を全部まとめてみました!

LINEモバイル

LINEモバイルの審査はどれくらいで終わる?最短何日、土日でも審査される?

LINEモバイルは、身分証明書と契約者名義のクレジットカードがあれば申し込めます。

審査といえばこれらの提出(入力)だけなのですが、これらのLINEモバイル契約に関わる審査はどれくらいで終わるのでしょうか?

実際に筆者が申し込みをしてみた所、申し込みから1日で完了しました!

正確には『22時に申し込んで翌日の11時に審査が完了』したので13時間です。

時期やタイミングによって差があるようで、当日中に審査完了メールを受け取った人もいれば数日かかったという人もいます。

つまり最短で当日、遅くても数日で審査結果が出るようですね。

また、土日の運営についてはLINEモバイルの公式Twitterを見てみると…

ということで、土日祝日も休まず審査や発送を行っているようですね!

年末年始に関しても審査や問い合わせ窓口は稼働していたので、基本的に審査は年中無休で行っていると思って良いみたいです。

LINEモバイルの審査って厳しいの?基準は?

さて、そんなLINEモバイルの審査の基準はどうなってるのでしょうか?

まずはLINEモバイルの審査に必要なものからチェックしましょう。

LINEモバイルの審査に必要なもの
  • 本人確認証明書
  • 契約者名義のクレジットカード(LINE Payカード払いなら不要)

以上の2点が必須です。

この時にLINEモバイル側がチェックするのは、

  • 契約者の情報と本人確認証明書の情報が一致しているか
  • 契約者とクレジットカードの名義が一致しているか

の2点です。

収入や職業による制限があるわけでもなければ、LINE Payカードがあればクレジットカード自体も不要なので、『審査』という意味ではかなりやさしい方ではないでしょうか。

なお、LINE Payカードも本人確認証明ができればすぐに発行が可能です。

LINEモバイル

LINEモバイルの審査に落ちた人の共通点や原因は?

このように簡単なLINEモバイルの審査ですが、残念ながら落ちてしまう方もいるようです。

審査に落ちると再審査が必要になり結果的にSIMカードや端末が届くのが遅れることに…

そんなことにならないためにも、LINEモバイルの審査に落ちる原因を確認してミスのない申し込みを目指しましょう!

主な原因は以下の通りです。

LINEモバイルの審査に落ちる 5つの原因
  • 契約者情報と本人確認証明書の内容に相違がある
  • 本人確認証明書に不備がある
  • 本人確認証明書の画像が不鮮明もしくは汚れで確認できない
  • クレジットカードの名義が契約者の名義と異なる
  • 申し込みの資格がない

それぞれの原因について、詳しく解説していきますね。

LINEモバイル

契約者情報と本人確認証明書の内容に相違がある

一番多いのはおそらく契約者情報と本人確認証明書の内容が違うことが原因です。

具体的な例がこちら。

  • 『契約者住所』と『本人確認証明書&補助書類』の住所が違う
  • 単純に入力を間違えている
  • 本人確認証明書の名字が旧姓のままになっている

などが考えられます。

特に学生さんなどで住民票を移していない方は要注意

契約者名義の本人確認証明書として用意できる住所(実家など)で契約すれば審査を通せますが、SIMカードや端末もその住所に届いてしまいます。

転出届は郵送で受け付けている市区町村も多いので、現住所に住民票を移しても良いかもしれませんね。

また、入籍や転居したのに届けを出さず免許証が古い状態のままになっているなど、

本人確認証明書が本人確認証明書として機能していない場合にはまずは証明書を最新の状態にする所から始めましょう。

補助書類が必要な本人確認証明書の場合、補助書類の方も同じ内容でなければいけないのでそちらのチェックも忘れずに!

本人確認証明書に不備がある

似たような原因では本人確認証明書に不備があることが考えられます。

  • 有効期限が切れている
  • 変更手続きを行った免許証の裏面を添付し忘れた
  • 認められていない本人確認証明書を利用した

などなど、主に運転免許証を利用した方に多い原因かも知れません。

特に裏面の添付忘れはうっかりミスで発生しやすいので、数年以内に引っ越しや入籍をした方は要注意!

LINEモバイルで認められている本人確認証明書については以下の記事を参考にしてみてくださいね。

本人確認証明書の画像が不鮮明もしくは汚れで確認できない

続いて気をつけたいのが本人確認証明書の画像がキレイに用意できているかということ。

ありがちな例をいくつか挙げてみますね。

  • 照明が映り込んで画像の一部が白飛びしている
  • ゴミと一緒にスキャンしてしまい内容が確認できない
  • ピントが合っていない
  • 画像のサイズが小さすぎて確認できない

などが挙げられます。

特に照明の映り込みはスマホのカメラで撮影する方に起きやすいので、撮影方法には工夫が必要です。

画像が用意できたら送信前に視認しにくい箇所がないか画像を確認しましょう。

クレジットカードの名義が契約者の名義と異なる

支払方法にクレジットカードを選んだ場合、契約者とクレジットカードの名義が異なる場合は審査に通りません。

クレジットカードを持っていないから家族のカードで支払おうかな?
ということはできません。

たとえ同居家族名義のカードでもNGです。

『契約者=支払いをする人』だと思うとわかりやすいかも知れませんね。

自分名義のクレジットカードがない場合の解決策は以下の2通りのどちらかになります。

クレジットカードが無い場合のLINEモバイルを契約する方法
  • LINE Payカードを作る
  • クレジットカードを持っている人(家族など)に契約者になってもらう

自分で管理したい方なら、後々の事を考えるとLINE Payカードを作る方法がおすすめです。

  • LINE Payカードを作る予定がない
  • 家族の支払い分はすべて代表者名義のクレジットカードで行いたい
  • 保護者のクレジットカードで支払ってもらう予定

などなど…

もともと自分以外の人に支払ってもらうのが前提の方の場合は契約者自体を支払い主にしましょう。

登録時に設定したIDとパスワードさえわかっていれば契約者連携以外の機能はすべて使えるので

契約者と利用者が違う人になってしまってもそれほど大きな問題はありません。

LINEモバイルの契約者連携の詳細についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

申し込みの資格がない

そもそも申し込みの資格がない場合も審査に落ちてしまいます。

申し込みの資格がない方とその解決策についてざっと簡単にご紹介していきますね。

LINEモバイルに申し込む資格がない方と解決策
  • MNP予約番号の有効期限が足りないor期限切れ
    • 解決策① 再度MNP予約番号を取得し直す
    • 解決策② 新規電話番号での契約なら可能
  • 同一世帯で6回線目を契約しようとしている
    • 解決策① 同一世帯内での回線契約を解約する(LINEモバイルでは同一世帯で5回線までと決められています)
    • 解決策② 他世帯の家族に協力してもらう
  • 同一世帯で3台目の分割払い端末を購入しようとしている
    • 解決策① 現在分割払い中の端末の残額をすべて支払う(LINEモバイルでは分割払いは同一世帯につき2台までと決められています)
  • 契約者が18歳未満
    • 解決策① 18歳以上の家族に『契約者』になってもらう

中には現実的にはなかなか難しい解決策もありますが、もし可能であれば実践してみても良いかも知れませんね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちらから申し込む

LINEモバイル

LINEモバイルの審査|大手キャリアの申し込み審査は?LINEモバイルと比較

『LINEモバイルは審査がやさしい方』と言いましたが、大手キャリアの申し込み審査はどうなっているのでしょうか?

一般的に大手キャリアの申し込み審査はこのようなことをチェックすると言われています。

大手キャリアの申し込み審査内容
  • 過去の携帯料金の滞納がないか
  • 金融事故を起こしたことがないか
  • 短期間に契約と解約を繰り返していないか
  • クレジットカード支払い履歴があるか

LINEモバイルは身分証明に関するチェックがあるのに対して、大手キャリアでは支払いや信用に関するチェックをしているんですね。

過去に支払い関係で滞納したことがある方や、自己破産したことがある方は審査に通らないことが多いです。

また、現金主義の方にとってはお金の前借りのような悪いイメージもあるクレジットカードですが、

クレジットカードは『審査に通って支払いが可能な収入がある』『支払いが信用できる』という証明にもなります。

つまり、クレジットカードの支払い履歴がまったく無い人も審査に落ちやすくなってしまうということ…

このような審査内容の違いを見ていると、いかにLINEモバイルの審査が通りやすいかということがわかりますね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちらから申し込む

LINEモバイル

LINEモバイルの審査|LINEモバイルの発送はどれくらい?即日発送?

審査が完了したら、あとはSIMカードや端末が届くのを待つだけ!

そこで気になるのがLINEモバイルの発送にかかる時間です。

筆者が実際に申し込んだ時は、審査完了から3時間で発送のお知らせが届きました!

Twitterなどで実際に申し込んだ人の口コミを探してみた所、

商品が届くまでの速さにはなかなか定評があるようで、Twitterでも『早くて驚いた』というコメントが目立ちました。

なんと北海道在住の方にも申し込みから3日で届いています!

すべての手続きがスムーズに進められれば申し込みの当日中に審査&発送まで完了し、最短翌日には届くようです。

大雪や台風などの災害や事故のような予測不可能なトラブルなどがなければ、遅くても数日以内には届くみたいですね!

LINEモバイルの審査のまとめ

LINEモバイルの審査は、大手キャリアやクレジットカード作成の審査に比べればかなり『やさしい』といえます。

本人確認さえ確実に取れればOKなので、審査に受かるかどうかは事前準備がきちんとできているか次第。

基本的にはきちんと注意事項を読んでいる『契約資格のある方』であれば落ちることはありません。

公式WEBページでは見落としがちな注意点も、今回の記事にすべてまとめたのでぜひ申し込み時の参考にしてみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちらから申し込む

LINEモバイル