LINEモバイルとOCNモバイルONEを比較!どっちの格安SIMがいい?

LINEモバイルとOCNモバイルONEを比較!どっちの格安SIMがいい?
2020年9月27日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルとOCNモバイルONEを徹底比較!どっちの格安SIMがおすすめか特徴や通信・通話料金を比べたよ!』

最近なにかと話題の格安SIMですが、提供する会社も増えて選択肢もかなり広がってきましたよね。

ただ『安い』だけではない魅力がたっぷりの個性的な格安SIMを使えば、効率良くスマホ料金を節約できますよ。

SNSなどのデータフリープランが人気のLINEモバイルと、
通話かけ放題オプションが豊富なOCNモバイルONE
どちらも個性的で濃い特徴のある格安SIMです。

どちらの格安SIMがどんな人におすすめなのか、

プラン・料金・サポート・通信速度など実用性を重視したポイントを徹底比較してみました!

LINEモバイルとOCNモバイルONE|LINEモバイルの4つの特徴

今回比較する2社の格安SIMのうち、まずはLINEモバイルの特徴からご紹介していきます。

LINEモバイル』という名前から連想される通り、LINEモバイルはLINEが提供する格安SIMです。

『LINE』といえばスマホユーザーにとっては身近な存在で親近感を感じるのではないでしょうか。

LINEモバイルの4つの特徴
  • 『LINE』『SNS』『音楽配信サービス』がデータフリー
  • 『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の通信回線に対応
  • LINEの年齢認証をパスできる
  • フィルタリングアプリが無料で使える

以上のように、LINEユーザーにとっては嬉しい特徴が目立ちます。

これらの特徴の詳しい内容をご紹介しますね!

『LINE』『SNS』『音楽配信サービス』がデータフリー

LINEモバイル最大の特徴はやはりLINEやSNS、音楽配信サービスのデータフリーです。

データフリーというのは、『通信量を消費しない』ということで対象のサービスの通信はいつでも高速&使い放題です!

なんとLINEモバイルでは全プランで『LINE』がデータフリー。

更にデータフリーオプションでSNSや音楽配信サービスなどをデータフリーに指定することが可能です。

データフリーオプション
  • SNSデータフリー 月額280円…Twitter、Facebookがデータフリー
  • SNS音楽データフリー 月額480円…Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、Spotify、AWAがデータフリー

一部データフリー対象外の操作もありますが、ほとんどの操作がデータフリーの対象に指定されています。

例えば『LINE』なら無料通話やビデオ通話など、気づかないうちに通信量が増えてしまうような通信もデータフリーの対象内。

高画質な動画や画像といった重いデータの送受信であっても、通信制限の有無に関わらずいつでも高速通信で行えます。

LINEもSNSも音楽配信サービスも、それぞれのユーザーにとっては日常的に利用する『毎日何度もよく使うサービス』なので、

データフリーは『通信量の節約』や『通信制限がかかった時の保険』としてLINEモバイルユーザーからも高評価です!

『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の通信回線に対応

LINEモバイルでは『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の大手3大キャリアから選んで契約可能です。

それぞれの回線には特徴や対応エリアの違いがあったり、もともと使っている端末との相性があったり…と、

一概に『格安SIMは○○回線が良い!』と言い切れないのが現状ですが、

LINEモバイルなら自分の環境や好みに合わせて好きな回線を選んで契約することができます。

回線に不満があれば、他社への乗り換えではなくLINEモバイル内での回線変更(例:ドコモ→ソフトバンク等)もできるため、

MNP乗り換え手数料や新規契約手数料などの節約にもなりそうですね。

LINEの年齢認証をパスできる

実は多くの格安SIMでLINEの年齢認証がクリアできないことはご存知でしょうか?

しかしLINEモバイルなら大丈夫! LINEの年齢認証をパスできるようになっているので、ID検索やオープンチャットの全機能が使えますよ~!

2020年6月現在、格安SIMでLINEの年齢認証がクリアできるのは『LINEモバイル』と『Y!mobile』の2社のみ。

『IDの検索』『オープンチャットの検索、非公開ルームの作成・参加』など、

LINEのすべての機能を使用したい方ならLINEモバイルは特におすすめの格安SIMのひとつです。

フィルタリングアプリが無料で使える

自分たちのスマホとは別に『お子様や高齢者のスマホは格安SIMで!』と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで不安なのは『犯罪に巻き込まれたり詐欺被害に遭ったらどうしよう?』ということですよね。

LINEモバイルならこのような被害から守るフィルタリングアプリの利用が無料です。

LINEモバイルで使えるフィルタリングアプリは『i-フィルター』という他社格安SIMでは有料で提供されている優秀なフィルタリングアプリなんです。

年齢別に簡単に設定もできるので、操作がしやすいのも嬉しいポイントですね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとOCNモバイルONE|OCNモバイルONEの4つの特徴

続いてはOCNモバイルONEの特徴をご紹介しますね!

OCNモバイルONEは『NTTコミュニケーションズ』が提供する格安SIMです。

『OCN』や『NTT』と聞くと老舗で大手という安心感がありますよね。

OCNモバイルONEの4つの特徴
  • 『ドコモ回線』の格安SIM
  • 全プラン音楽系サービスがカウントフリーで使い放題
  • オンラインストレージ『マイポケット』がカウントフリー
  • バースト転送機能で低速通信中も快適

それではこれらの特徴の詳しい内容をご紹介していきましょう。

『ドコモ回線』の格安SIM

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズ提供というだけあって、契約できるのは『ドコモ回線』のみです。

残念ながらau回線やソフトバンク回線は提供していないので、希望の方は他の格安SIMがおすすめ。

一方でドコモ回線を希望している方にとってはおすすめの格安SIMのひとつです。

新プランになって回線速度も『速い』という口コミも多数見られ、混み合いやすいドコモ回線格安SIMの中でも速さに定評があります。

全プラン音楽系サービスがカウントフリーで使い放題

通勤や通学、作業中のBGMとして音楽聞き放題系のサービスを利用している方もいますよね。

OCNモバイルONEなら『MUSICカウントフリー』で音楽系サービスが通信量消費ゼロで利用可能です。

対象となるサービスは、

『Amazon music』『ANiUTa』『AWA』『dヒッツ』『Google Play Music』『LINE MUSIC』『RecMusic』『Spotify』『ひかりTVミュージック』です。

別途申し込みが必要ではありますが、無料オプション扱いのためカウントフリーオプション料金は発生しません

これらの音楽系サービスを利用中の方にとってはとっても嬉しいサービスですよね!

オンラインストレージ『マイポケット』がカウントフリー

スマホデータのバックアップや保存しきれなかったデータを保存しておくのにオンラインストレージを利用している方も多いですよね。

OCNモバイルONEではNTTコミュニケーションズが提供している『マイポケット』がカウントフリーになります。

カウントフリーというのはLINEモバイルのデータフリーと同じで、指定のサービスが通信量使い放題になる機能です。

データのバックアップとなると通信量が多くて消費量が気になる所ですが、

OCNモバイルONEとマイポケットとの組み合わせなら通信量を気にせずバックアップが取れますね。

マイポケット自体は月額300円の有料サービスですが、

カウントフリーになることを考えると300円かかってもお得になる方も多いのではないでしょうか。

また、マイポケット以外にも『050 plus』や『OCNモバイルONEアプリ』など

連携アプリがデータフリーになる点はなかなかうれしいメリットです。

バースト転送機能で低速通信中も快適

OCNモバイルONEにはバースト転送機能がついているので、低速通信中でも一定通信量までは高速通信ができるようになっています。

テキストニュースやSNSのメッセージなど少量のデータ通信しかしない場合には『バースト転送機能』を有効にすれば低速通信中でも快適な通信が行えますよ。

OCNモバイルONEの場合は自分で高速通信/低速通信を切り替えてデータ通信量を節約できるのですが、

低速通信でデータ通信量を節約したい時にもバースト転送機能が使えるのがとても便利です!

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら



LINEモバイルとOCNモバイルONE|各格安SIMの料金やプランを徹底比較

LINEモバイルとOCNモバイルONEの特徴は大体おわかりいただけたでしょうか。

それではいよいよLINEモバイルとOCNモバイルの料金やプランを比較していきます!

通話料金

まずは通話料金の比較からしていきますね。さっそくですがこちらをご覧ください。

LINEモバイル UQ mobile
国内通話 10円 / 30秒
※いつでも電話アプリ使用の場合
10円 / 30秒
※OCNでんわアプリ使用の場合
10分かけ放題オプション 月額880円 月額850円
TOP3かけ放題オプション なし 月額850円
10分+TOP3かけ放題セット なし 月額1,300円

通常の通話料金はどちらの格安SIMも専用アプリを使用することで通常の半額にすることができます。

かけ放題プランに関してはOCNモバイルONEの方が若干安く、さらにプラン自体も豊富ですね。

『TOP3かけ放題オプション』というのは、その月に通話時間が長かった3つの電話番号を自動的にかけ放題化するオプションのことです。

家族や友達、恋人など特定の人と長電話することが多い方にはとてもおすすめ。

長時間の通話を行いたい方はOCNモバイルONEの方が通話料金を抑えられそうです。

通信量プラン

続いては通信量プランの料金の比較をしていきましょう。

まずはデータ専用SIMの料金比較からご紹介しますね。

OCNモバイルでは『SMSつき』と『SMSなし』のSIMカードが選べますが、LINEモバイルは『SMSつきのみ』なので、

今回の比較表ではSMSつきの料金で比較しています。

■データ通信専用プラン■

月額(税別) LINEモバイル OCNモバイル
500MB 600円
3GB 980円 1,000円
6GB 1,700円 1,500円
10GB 2,400円
12GB 2,700円
20GB 3,920円
30GB 5,500円

コンパクトサイズなプランが多めのLINEモバイルに対し、OCNモバイルONEは大容量通信に対応しているのが特徴的。

ちなみにOCNモバイルONEで『SMSなし』のSIMカードを選択したい場合はこちらの料金から『月額 -120円』です。

『とにかくLINEさえできればOK!最小限のプランで子供用に持たせるならLINEモバイル』

『データ通信専用SIM希望の方はポケットWi-Fi用のような大量通信にはOCNモバイルONE』などのように、

料金的な問題よりも、契約したい通信量や目的に対応しているかどうかを重視して選んでも良いかも知れません。

次に音声通話つきSIMの料金比較をしていきますね。

■音声通話つきプラン■

月額(税別) LINEモバイル OCNモバイル
500MB 1,100円
1GB 1,180円
3GB 1,480円 1,480円
6GB 2,200円 1,980円
10GB 2,880円
12GB 3,200円
20GB 4,400円
30GB 5,980円

音声通話つきSIMの料金比較結果も大体データ専用プランと同じような結果になりました。

これらの結果を見ると、

LINEモバイルは少量プランがリーズナブルでLINEやSNSヘビーユーザーほどお得になり、

OCNモバイルONEは自分にこだわりに合わせて選べる豊富かつ多彩なプラン展開が魅力的ということになるのではないでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

LINEモバイルとOCNモバイルONE|各格安SIMのサポート体制はどう?

初めての格安SIMへの乗り換えで手続きが不安だけど、困ったときにスタッフは対応してくれるの?

使っていくうちに感じた不満には対応してもらえるの?

などなど、実際に使っていく上で運営のサポート体制は意外と重要です。

ということで次はLINEモバイルとOCNモバイルONEのサポート体制について比較していきます。

LINEモバイルのサポート

まずはLINEモバイルのサポートについて、詳しい内容を見ていきましょう。

LINEモバイルのサポート窓口
  • 電話(10時~19時/0120-142-275)
  • メール(受付は24時間)
  • LINEトークによるチャット(オペレーター受付は10時~19時)
  • 個人情報が関係ない内容ならTwitterでもOK

メールやTwitterなど、こちらが不安・不満に感じたらすぐに意見できる窓口があるのは嬉しいですね。

ただし返事が来るのは営業時間中である場合が殆どだと思うので、すぐに対応してもらいたい時は電話が一番確実かも知れませんね。

筆者が個人的に『スゴイなー』と思ったのはLINEトークでサポートを受け付けている所です。

LINEモバイルの公式アカウントを友だち追加すればお友達とトークする感覚でオペレーターに直接相談ができます。

オペレーターに直接相談する以外にもヘルプの検索ができるのも手軽で嬉しいですよね。

このように気軽・手軽にサポートとやりとりできるのはLINEモバイルならではの強みかも知れません。

OCNモバイルONEのサポート

次はOCNモバイルONEのサポートについて詳しい内容を見ていきましょう。

OCNモバイルONEのサポート窓口
  • 電話
    • 接続・設定:0120-047-860 ※年末年始を除く10:00-18:00
    • サービス関連:0120-506506 ※日・祝・年末年始を除く 10:00-19:00
    • 料金請求:0120-506-100 ※土・日・祝・年末年始を除く 9:00-17:00
  • メール(受付は24時間)
  • 自動チャット

OCNモバイルONEのサポート窓口は『よくある一般的な窓口』という感じですが、電話のサポート窓口が分かれているのは高ポイント!

電話番号で窓口が分かれているので総合窓口に比べると繋がりやすく、オペレーター側にもどんな事で困っているのか伝わりやすいメリットがあります。

ただし、電話窓口のデメリットである『時間帯が限られる』という不便さを感じることもありそうです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

LINEモバイルとOCNモバイルONE|各格安SIMの通信速度は?

実際に格安SIMを利用するとなるととても重要なのが通信速度ですよね。

LINEモバイルもOCNモバイルONEもどちらもドコモ回線を利用した格安SIMですが、

その通信速度にはどれくらいの違いがあるのでしょうか?

LINEモバイルとOCNモバイルONEの通信速度を比較してみました!

比較結果を見る前に通信速度の目安を確認しておきましょう。

通信速度の目安
  • テキストメッセージのやりとり
    0.2 Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~3 Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~5 Mbps(高画質なほど早い方が良い)

Wi-Fi通信やキャリアの高速通信に慣れている方だと『大体5~10 Mbps程度なら普通』『10 Mbps以上あればかなり快適』というのが目安です。

もちろん個人差があるため、テキスト通信が中心の方ならもっと遅めでも気にならない方もたくさんいると思います。

今回は夜20時頃の通信速度を比較してみました。

LINEモバイルの通信速度

まずはLINEモバイルの通信速度を調査してみました。

LINEモバイル愛用中の筆者が『ドコモ回線@東京都内』で計測した結果がこちらです!

下り(ダウンロード)…32.7 Mpbs
上り(アップロード)…16.8 Mpbs

これは速いですね!

数値を見ても明らかに問題ない速度ですし、実際に使用してみても高画質の動画がサクサク視聴できました。

通信に困ることはなく、高画質画像をLINEで送受信してもこれといって遅いとは感じませんでした。

OCNモバイルONEの通信速度

続いてOCNモバイルONEの通信速度はどうでしょうか。

実際にOCNモバイルの利用している方の声をTwitterで調査してみましたよ。

下り(ダウンロード)…33.5 Mbps
上り(アップロード)…10.8 Mbps

こちらも十分な速度が出ていますね!

OCNモバイルONEは『通信が遅い!』という口コミも多かったのですが、2020年6月現時点では随分改良されているようです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとOCNモバイルONE|各格安SIMの最低利用期間は?解約料金はいくら?

最後はLINEモバイルとOCNモバイルONEの最低利用期間や解約料金について比較してみました。

大手キャリアでは『2年縛り』が当たり前のようになっていますが、今回比較する格安SIMはどのようになっているのでしょうか?

LINEモバイルの最低利用期間と解約料金

まずはLINEモバイルの最低利用期間と解約料金についてご紹介します。

LINEモバイルには最低利用期間はありません!

ただし、どのプランで契約をしても利用期間に関わらず解約手数料が1,000円かかるようになっています。

格安SIMの中には解約料金がかからないサービスも多い中、この設定はやや高めといえるでしょう。

OCNモバイルONEの最低利用期間と解約料金

次はOCNモバイルONEの最低利用期間と解約料金をご紹介します。

OCNモバイルONEにも最低利用期間はありません!

更に解約料金もないので、いつ解約しても違約金や解約に関する手数料などの料金が発生することはありません。

この点ではLINEモバイルよりOCNモバイルONEの方が良心的ですね。

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

LINEモバイルとOCNモバイルONEはどっちがおすすめ?

多方面で比較してきたLINEモバイルとOCNモバイルONEですが、どちらがどんな方におすすめなのか簡単にご紹介したいと思います。

LINEモバイルもOCNモバイルONEも個性的なので、特性を活かせる人が使えばお得感をたっぷり感じられるはずですよ!

LINEモバイルをおすすめしたい人
  • 『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく使う人
  • とにかく安く格安SIMを始めたい人
OCNモバイルONEをおすすめしたい人
  • 音声通話をたくさんしたい人
  • 大容量のデータプランで契約したい人

以上の方にそれぞれの格安SIMをおすすめする理由を詳しくご紹介していきますね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

LINEモバイルは『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』ヘビーユーザーに超おすすめ

LINEモバイルの超お得な特徴といえばやはりデータフリープランではないでしょうか。

この特徴を考えるとLINEモバイルは『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』ユーザーには超おすすめな格安SIMです。

ヘビーユーザーになればなるほどお得になるので、普段どれくらい利用しているのか一度計算してみると良いかもしれませんね。

場合によってはデータ通信容量を1段階下げられることもあるので更に節約できるチャンスですよ!

また、音楽配信サービスの中でもLINE MUSICユーザーさんにおすすめなのは、

LINEモバイルを通してLINE MUSICに契約すると月額料金がちょっぴり安くなるからです。

これを機にLINEモバイルからLINE MUSICへの契約に切り替えるのもおすすめです。

LINEモバイルは低価格でちょこっとスマホを持ちたい方にピッタリ

LINEモバイルはとにかく安価から契約できる格安SIMなので、

データ容量は少しでいいからできるだけ安くスマホを持ちたいという方にピッタリの格安SIMです。

例えばお子様やおじいちゃん・おばあちゃんのスマホ、Wi-Fi通信をメインで使うことを考えている方などには特におすすめ!

どんなプランでもLINEがデータフリーなので、

『コミュニケーション面でデータ容量が足りなかったらどうしよう~』という不安が無いのも嬉しいポイントですよ。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

OCNモバイルONEは音声通話重視の方におすすめ

OCNモバイルは音声通話プランが充実しているので通話プランを重視する方におすすめです。

10分電話かけ放題プランやTOP3かけ放題プランを上手に活用すれば通話料金をかなり節約できそうですね。

不特定多数と短時間通話をたくさんする方にも特定の人と長時間通話をたくさんする方にも対応できるので、

自分の通話スタイルに合わせられるのが魅力的です。

OCNモバイルONEは大容量プランがほしい人にピッタリ

大容量の通信プランがほしい方ならOCNモバイルがぴったり

12GBまでのデータプランであればLINEモバイルでも対応しているのですが、それ以上となると割高な追加データを購入しなければいけません。

その点、OCNモバイルONEでは最大30GBの通信プランに対応しているので、

外出時にテザリングでPCやタブレットの通信を行いたい方や自宅にWi-Fiが無い方でも1ヶ月満足できるはず。

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

LINEモバイルとOCNモバイルONEのまとめ

LINEモバイルとOCNモバイルONEはどちらも個性的な格安SIMです。

個性や特徴を活かす使い方ができればお得を実感しやすい格安SIMといえます。

普段の使い方を振り返ってみてどちらが自分に合う格安SIMなのか検討して、その特徴を最大限活用してみましょう!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら