LINEモバイルと楽天モバイルの格安スマホのおすすめと比較

LINEモバイルと楽天モバイルの格安スマホのおすすめと比較
2020年6月29日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルと楽天モバイルのプランや料金、特徴や通信速度を徹底比較!』

『大手キャリアのスマホ代は高い』っていうけど、スマホ代を節約するなら結局どうするのが一番いいの?

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

最近主流の節約方法といえば『格安SIMへの乗り換え』が定番ですが、

ここで気になるのが第4のキャリアとして独自回線を確立した『楽天モバイル』の存在です。

筆者がおすすめするスマホライトユーザー層やSNSユーザーに人気の格安SIM『LINEモバイル』と比較して、

果たして本当にお得で本当に使いやすいスマホキャリアはどちらなのか?

LINEモバイルと楽天モバイルのプランや通信速度について徹底的に比較してみました!

LINEモバイルと楽天モバイル|LINEモバイルの4つの特徴まとめ

まずはこれから比較していくLINEモバイルの特徴についてまとめてみました。

大まかな特徴はこのようになっています。

LINEモバイルの4つの特徴
  • 『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』がデータフリー
  • 『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の3大キャリアに対応
  • LINEの年齢認証をパスできる
  • フィルタリングアプリが無料

それぞれもう少し詳しくご紹介していきますね。

LINEモバイルは『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』がデータフリー

LINEモバイル最大の特徴は『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』のデータフリーを採用していることです。

データフリーというのは、特定のサービスを利用する時はデータ消費量としてカウントしないという機能のことで、

データフリーに指定されたサービスは通信制限がかかってしまったとしてもいつでも高速利用ができるんです。

LINEモバイルの場合はどのプランでもLINEはデータフリーで使えるため、トークや画像の送受信はもちろん無料通話やビデオ通話も使い放題!

更にデータフリーオプションを追加することで『SNS』や『LINE MUSIC』などのサービスもデータフリーにできます。

データフリーオプション
  • SNSデータフリー 月額280円…Twitter、Facebookがデータフリー
  • SNS音楽データフリー 月額480円…Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがデータフリー

対象になっている『Twitter』『Facebook』『Instagram』の3大SNSは毎日のようにチェックしている方も多いはず。

プランについてはあとで詳しく説明するのでLINEモバイルの特徴についてまだまだ見ていきましょう。

LINEモバイルは『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の3大キャリアに対応

LINEモバイルは大手キャリアの回線を借りて運営をしている『格安SIM』なので、

『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の大手3大キャリア回線から好きな回線を選んで契約できるようになっています。

格安SIMのメリットは、安心と信頼の大手キャリア回線が使えること。

何十年と運営を続けてきた携帯通信回線のベテランが提供する回線なので、繋がるエリアが広く回線そのものが安定しています。

スマホで通信を行うためには端末(スマホ)が回線に対応している必要があるのですが、

日本で販売されているほとんどの端末は大手キャリアの回線に対応しているので端末選びも簡単で選択肢も多いという特徴があります。

今使用中のスマホもそのままLINEモバイルで使えるかも? ※古い端末だと使えないこともあります

一方で格安SIMのデメリットとなるのは、あくまでも『借りた回線』であることです。

自社で運営する回線ではないため、自社運営の大手キャリアに比べると通信速度が遅いなどの『弱さ』も目立ちます。

中でもドコモ回線は借りている格安SIMも多く利用しているユーザー数も多いため、遅くなりがちな傾向があります。

また、大手キャリアからの提供といっても大手キャリアの店舗やスタッフからのサポートは受けられないので要注意。

『LINEモバイルのドコモ回線に乗り換えてサポートはいつものドコモショップで受けよう』ということはできませんよ~!

LINEモバイルも同様のメリット・デメリットがあるため、LINEモバイルに乗り換える前にこれらの特徴を考慮しておきましょう。

LINEモバイルはLINEの年齢認証をパスできる

LINEヘビーユーザーなら絶対にLINEモバイルがおすすめ

その理由のひとつはLINEの年齢認証がパスできることです。

2020年6月現在、LINEの年齢認証ができる格安SIMは『LINEモバイル』と『Y!mobile』だけ。

LINEの年齢認証がパスできれば、『ID検索』『オープンチャットの全機能』が使えるようになるため、LINEの活用の幅もぐっと広がるのではないでしょうか。

ID検索についてはQRコードなど代用できる機能もありますが、

オープンチャットの方は『検索』『公開・非公開ルームの作成』『非公開ルームの参加』ができなくなってしまうため

年齢認証がパスできないと活用するのはなかなか難しいですね…

もしもLINEのすべての機能が使いたいのであればLINEの年齢認証がパスできるLINEモバイルがおすすめです!

フィルタリングアプリが無料

LINEモバイルではフィルタリングアプリ『i-フィルター』が無料で利用できます。

18歳未満の方がスマホを利用する際にはフィルタリングが義務化されていますが、多くの格安SIMでは有料オプションで対応しています。

しかしLINEモバイルなら有料オプションや有料アプリの契約をする必要は一切ありません!

簡単にi-フィルターの機能を一部ご紹介すると『有害サイトのフィルタリング』はもちろん、

『インターネットの閲覧履歴のチェック』『時間制限をつけてインターネット機能を停止』など

 

お子様にスマホを持たせる際の保護者の心配事をフォローしてくれる機能がもりだくさん。

毎月のスマホ利用料金だけでフィルタリングまで完璧なLINEモバイルは、お子様のスマホ用に契約している方にも人気です。

 

関連記事https://linemobile-suki.com/line-mobile-recommend-plan/

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルと楽天モバイル|楽天モバイルの4つの特徴まとめ

次は楽天モバイルの3つの特徴のまとめです。

楽天モバイルの4つの特徴
  • 『データ使い放題』『通話かけ放題』の充実プラン
  • 第4のキャリアならではのデメリットがある
  • 実店舗を持っている
  • 楽天ポイントがめちゃくちゃ貯まる

それぞれもう少し詳しくご紹介していきますね。

楽天モバイルは『データ使い放題』『通話かけ放題』の充実プラン

楽天モバイルのプランは超シンプルな『Rakuten UN-LIMIT』1択のみ!

Rakuten UN-LIMITでは楽天モバイル回線エリア内『データ使い放題』、自社通話アプリ使用『通話かけ放題』という太っ腹なサービス提供をしています。

データを使い放題にするためには楽天モバイル回線エリア内にいる事が条件で、

楽天モバイル回線エリア外にいる時はパートナー回線(au回線)にて『5GBの高速通信データ量が使用可能』ですよ!

5GBを使い切った後は最高1Mbpsの通信速度で使い放題になります。

また、楽天モバイルの通話アプリ『RakutenLink』はIP電話(050から始まる電話番号のネット通信を使用した通話)ではなく、普通の『電話回線』です。

もちろんMNP乗り換えにも対応しているので、今使用している電話番号をそのままに乗り換えることもできますよ。

通話はRakutenLinkを使えば楽天モバイルエリア外でも通話かけ放題なので、通話が好きな方にはおすすめです。

ただしナビダイヤル(0570)やテレドーム(0180)などの発信者負担の有料通話に関してはRakutenLinkを使用しても無料にはならないので要注意!

楽天モバイルは第4のキャリアならではのデメリットがある

楽天モバイルはいわゆる『格安SIM』ではなく、ドコモやauなどと同じ自社運営による『第4のキャリア』です。

そのため大手キャリアや格安SIMとは違ったデメリットがあることも確認しておく必要があります。

おおまかなデメリットは2つ!

1つ目は、まだまだ基地局が少なく対象エリアが狭いこと。

通信エリアを見てみると都市部かつ人口の多い地域に限られていて、かなり狭いことがわかります。

『東京都内でも全域をカバーできていない』というとその狭さがわかるはず。

ただし、楽天モバイル対象エリア外にいるときはパートナー回線としてau回線に繋がるようになっているため、

楽天モバイル対象エリア外にいるとまったく通信ができなくなるというわけではありません。

2つ目は、楽天モバイル対応端末が少ないこと。

楽天モバイルは新しい『キャリア回線』なので、一言でスマホと言っても『ドコモ対応・au対応・ソフトバンク対応』ではダメ!

『楽天モバイル回線』に対応している必要があります。

SIMフリー端末であれば対応している端末もあるのですが、キャリア回線用に作られた端末の多くは非対応です。

少なくとも『大手キャリアで購入した端末をそのまま使う』ということはできないと考えていて良いでしょう。

お手持ちの端末をそのまま使用したいと考えている方はご注意ください。

楽天モバイルでは楽天モバイル回線に対応した端末を販売しているので、契約時に端末をセットで購入しても良いですね!

実店舗を持っている

楽天モバイルは『キャリア』なので『楽天モバイル』としての実店鋪を持っているのも特徴のひとつです。

街やショッピングセンターなどでピンク色にピカッと光る楽天モバイルの店舗を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

店舗では楽天モバイルへの契約はもちろんのこと、楽天モバイル対応の端末も販売されています。

実際にサイズ感や使用感を確かめながら購入する端末を選べたり、サービスや端末についてわからないことを質問しながら検討できたり…

実店舗ならではの安心感があるのが楽天モバイルのメリットです。

楽天モバイルは楽天ポイントがめちゃくちゃ貯まる

なんといっても楽天モバイルのスゴさは楽天ポイントが尋常ではない勢いで貯まることです!

まず月々の利用料金100円につき1ポイントは誰でも貯まります。

これだけなら『楽天ならこれくらい普通でしょ』という所ですが、実は楽天モバイルのポイント還元が真価を発揮するのは楽天市場でのお買い物にあります。

楽天のヘビーユーザーの方なら

『アプリからのお買い物で+0.5倍』『楽天カードの支払いで+2倍』『楽天カードを楽天銀行引き落としで+1倍』

あたりは押さえているのではないでしょうか?

そこに加えて楽天モバイルユーザーなら楽天市場でのお買い物ポイント還元が+1倍になるため、

楽天市場でのお買い物のポイント還元率が5.5倍になるということですね!

日常的に楽天市場でお買い物をしているならこれは確かにお得です。

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルと楽天モバイルの格安スマホの実際の通信速度はどれくらい遅いの?

続いてはLINEモバイルと楽天モバイルの通信速度比較してみました!

ちなみに使用用途別に必要になる通信速度の目安は大体このような感じです。

使用用途別に必要な通信速度の目安
  • テキストメッセージのやりとり
    0.2 Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~3 Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~5 Mbps(高画質なほど早い方が良い)

多くの方は1Mbps以上で『普通』、3Mbps以上あれば『サクサク』と感じるような認識を目安にしておいて下さい。

個人差があるため、普段からWi-Fiなどの高速通信を利用している方はもう少し速い方が快適に感じることもあります。

実は最も通信速度が遅くなるのはお昼頃。

今回はあえて一番低速になるはずのお昼頃に計測した結果を比較していきましょう。

LINEモバイルの通信速度

まずはLINEモバイルの通信速度から見ていきましょう。

こちらは筆者が『ドコモ回線@東京都内』で計測したお昼頃のLINEモバイルの通信速度結果です。

下り(ダウンロード) … 4.11 Mpbs
上り(アップロード) … 19.1 Mpbs

一番低速になる時間帯でこれくらい出ていれば十分ではないでしょうか!

動画視聴や高画質画像の送受信も問題なくできました。

この速度があれば、一般的な利用であればストレスなく利用できるかと思います。

楽天モバイルの通信速度

次に楽天バイルの通信速度を見ていきましょう。

残念ながら筆者はラインモバイルは利用していないので、Twitterで速度テストをしている方の実際の声をご紹介しますね。

下り(ダウンロード) … 18.0 Mpbs
上り(アップロード) … 11.1 Mpbs

楽天モバイルでも満足できるレベルの速度が出ていますね!

楽天モバイル対象エリアが狭いのは難点ですが、お昼の時間帯にしてはかなり速いです。

楽天モバイル対象エリア外の方はパートナー回線を使用した通信になりますが、パートナー回線の速度はどうでしょうか?

※3枚目の画像が楽天モバイルパートナー回線の結果です

下り(ダウンロード) … 13.9 Mpbs
上り(アップロード) … 5.2 Mpbs

楽天モバイル回線に比べると速度は出ていませんが、それでもかなり速いです!

楽天モバイルのパートナー回線は『au回線を使用しているので速度が出やすい』というのも噂通りでした。

この様子だと、両社ともにお昼の時間帯でも『通信できないほど遅い』ということもなさそうですね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルと楽天モバイルのプランや利用GB数ごとの月額料金を徹底比較

スマホ通信量の節約に重要なのはやっぱりプラン料金の価格です。

ということでLINEモバイルと楽天モバイルの通話料金や通信量などのプランを比較してみました。

LINEモバイルと楽天モバイルの通話料金やプランを比較

まずは通話料金の比較をしていきましょう。

LINEモバイル 楽天モバイル
国内通話 10円 / 30秒
※いつでも電話アプリ使用の場合
0円
※RakutenLink使用の場合
10分かけ放題オプション 月額880円 なし
海外かけ放題オプション なし 月額980円

従量制のLINEモバイルに比べると、RakutenLinkからの通話はすべて0円でかけ放題の楽天モバイルが圧倒的にお得です。

更に楽天モバイルには格安SIMどころか大手キャリアでも珍しい『海外かけ放題』というオプションも。

国際電話を利用したい方なら従量制で通話するよりも料金を気にせず安心して利用できるのではないでしょうか。

LINEモバイルと楽天モバイルのデータ通信量プラン

続いては通信量プランの料金の比較をしていきますよー。

楽天モバイルにはデータのみのプランが存在しないため、LINEモバイルの全プランと楽天モバイルのプランを比較してみました。

LINE:データSIM LINE:音声通話SIM 楽天モバイル
500MB 600円 1,100円 2,980円
3GB 980円 1,480円
5GB
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

LINEモバイルは『よくある格安SIMのプランの形』で、通話できる・できないによってSIMカードを選択して高速通信量を選んで契約します。

そのため自分に合わせた通信量を契約して料金を節約したい方にはLINEモバイルがおすすめです。

料金表を見ても明らかに楽天モバイルよりも安いのがわかりますよね!

一方で楽天モバイルは『通話もデータもコミコミのプラン一択』となっているため選択肢という意味では幅がありません。

一応『5GB』として記載していますが、これはあくまでも楽天モバイル通信エリア外にてパートナー回線を使用した場合。

楽天モバイル通信エリア内であれば通信量は無制限なので、楽天モバイル通信エリア内で大量通信を行う方なら楽天モバイルがおすすめです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルと楽天モバイル|LINEモバイルを使用したいオススメする人

これまで比較してきたことから、LINEモバイルをおすすめする人についてまとめてみました!

LINEモバイルにオススメする人 4パターン
  • 『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく利用する人
  • 大手キャリア回線を利用したい人
  • 通信量も通話もほどほどで良い人
  • データ専用SIMを契約したい人

これらに当てはまる方にはLINEモバイルがおすすめです。

どんな理由があるのか、くわしくご紹介していきましょう。

『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく利用する人

LINEモバイルをイチオシしたいのは、やはり『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく利用している人です。

LINEで家族や友達とアルバムを共有して高画質画像をやりとりしたり、

SNSで画像や動画の投稿を頻繁にチェックしたり、

通勤通学や作業用BGMとして毎日のようにLINE MUSICを活用しているなら、

これらの通信がすべてデータフリーで使い放題になるLINEモバイルがお得です!

また、データフリーは『ギガ(契約している高速通信量)が減らない』という節約術的なメリットの他に、

『通信制限がかかっても高速通信できる』という保険的なメリットもあるのがおすすめしたいポイントです。

LINEモバイル経由でLINE MUSICに契約するとLINE MUSICの利用料金がちょっぴり安くなる(月額891円→月額750円)ので、

LINE MUSICユーザーさんは更にお得に契約できちゃいますよ~!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

大手キャリア回線を利用したい人

大手キャリア回線を利用したい人にもLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルは大手3大キャリア『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の全回線に対応しているため、

自分の住んでいるエリアや活動エリア、使用中の端末に合わせて好きな回線を契約することができます。

また、回線間の契約変更もできるので、回線を変更しても他社に乗り換える必要はありません!

例えば『ドコモ回線が繋がりにくいから機種変更と同時にソフトバンク回線にしたい』ということも可能です。

面倒なMNP転出・転入手続きやMNP転出手数料が節約できます。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

通信量も通話もほどほどで良い人

残念ながらLINEモバイルには大容量のデータプランや無制限のかけ放題通話オプションもありません。

そのため、通信量も通話も『ほどほど』に使えれば良い人におすすめの格安SIMです。

テザリングもするしWi-Fiも使わない!という需要には適合しませんが、

逆に『通信量を余らせるのはもったいない、最小限で最安値で契約したい』という理想にはピッタリ

通話も決して『めちゃくちゃ安い』というわけではないですが、ここぞと言うときに使えればOKという方ならあまり気にならないのではないでしょうか。

何よりLINEモバイルは『LINEがデータフリー』なので、日常のほとんどをLINE通話で行っているならまったく問題ありませんよね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

データ専用SIMを契約したい人

LINEモバイルにはデータ専用プランがあるので、データ専用のSIMカードを格安SIMで契約したい方におすすめです。

例えば『ポケットWi-Fi用』『2台目のスマホ用』『タブレット用』などなど、通話を必要としない通信用にはピッタリ!

通話の通信プランをなくすことで月額料金も更に節約できるため、余分な利用料金を払うこともありません。

いわゆる『サブ機』としては大手キャリアの高額な契約には思わず『もったいない…』と感じてしまいがちですが、

格安SIMのLINEモバイルなら『ちょっとしたお小遣い程度』の価格からサブ機用SIMカードが契約できますよ!

また、通信速度をお試ししてみたいな~と感じている方はまずはデータ専用SIMで契約してみるというのもひとつの手段。

解約する際には解約手数料として1,000円かかってしまいますが、MNPで乗り換えてから後悔するよりはお試し代金として考えてみてはいかがでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルと楽天モバイル|楽天モバイルの契約をオススメする人

最後は楽天モバイルをおすすめする人についてご紹介していきますね。

楽天モバイルをおすすめしたいのは以下のような方です!

楽天モバイルをオススメする人 3パターン
  • 楽天モバイル通信エリア内で行動する人
  • 楽天ポイントを貯めたい人
  • サポートの安心感を求めている人
  • 国際電話をする人

以上の方にはLINEモバイルよりも楽天モバイルを利用した方がメリットを大きく受けられるかもしれません。

その理由について詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル通信エリア内で行動する人

とにかく一番おすすめしたいのは楽天モバイルの通信エリア内で活動している人です!!

楽天モバイルの通信エリアは『広いとは言えない』どころかむしろ『狭い』のが超デメリットでしたが、

楽天モバイル通信エリア内で活動している方なら『高速通信量使い放題』という超お得キャリアに大変身。

高速通信量使い放題プランを導入しているのは大手キャリアと格安SIMすべて見てもかなり珍しいので、

楽天モバイル通信エリア内に住んでいるor活動することが多く通信量も多い方にはとってもおすすめ。

通信速度についても良い口コミが多い今が『契約時』かも知れません。

楽天ポイントをザクザク貯めたい人

楽天ポイントに重点を置いて貯めたいという方は楽天モバイルがおすすめです。

やはり楽天モバイルに契約すると楽天市場でのお買い物でのポイント還元率がUPするのは大きなメリットです。

日常のお買い物を楽天ですることが多いなら、楽天モバイルに契約するだけでポイント還元の意味では『お得』を実感することも多いはず。

『貯まりやすい』で評判の楽天ポイントを更に効率よく貯めるなら、楽天モバイルがおすすめですよ~!

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

サポートの安心感を求めている人

楽天モバイルは大手キャリアのような対面によるサポートの安心感を求める方にもおすすめできます。

楽天モバイルは『楽天モバイル』として店舗を持っているため専門のスタッフからサポートが受けられるというメリットがあります。

大手キャリアでもない格安SIMでもない新しいキャリアの楽天モバイルに乗り換える際の不安や心配事など、

具体的な疑問があればスタッフに直接相談してアドバイスが受けられるのは嬉しいですよね。

また、楽天モバイル対応端末を実機で触って検討したり、思い立ってすぐに契約から受け取りまでその場でできるのも実店舗を持つ楽天モバイルの強みです。

国際電話をする人

国際通話を考えている方にも楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルには『国際通話かけ放題オプション 月額980円』があり、世界66カ国への通話がかけ放題になりますよ!

あくまでも『オプション』なので、必要になったタイミングで契約すればOKなのも嬉しいポイント。

例えば家族や恋人が海外出張をする時や自分が海外旅行に行く時など、短期間の国際通話なら1ヶ月だけ加入するような使い方をしても問題なし!

対象66カ国からの通話であれば海外から日本への通話もかけ放題対象になります。

しかも楽天モバイルは海外ローミングも無料で対応しているため、海外旅行が多い方の格安SIMにもピッタリですね!

LINEモバイルと楽天モバイルのまとめ

LINEモバイル楽天モバイルの一番の違いは、『格安SIMのLINEモバイル』『キャリア回線の楽天モバイル』です。

格安SIMの特徴を多く持ち、LINEやSNSなどデータフリーで他社と差別化する『LINEモバイル』に対し、

キャリア回線の強みを持ちつつも低価格なプランを提供している『楽天モバイル』は、どちらもスマホ代金の節約にはピッタリ。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら