LINEモバイルのおすすめプランを年齢、学年別にご紹介!プラン選びに失敗しても大丈夫

LINEモバイルのおすすめプランを年齢、学年別にご紹介!プラン選びに失敗しても大丈夫
2020年5月23日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルのおすすめプランを年齢、学年別にご紹介!プラン選びに失敗しても大丈夫』

お子様の携帯選びに格安スマホを検討している方も多いのではないでしょうか。

LINEモバイルならプランもわかりやすくて安心!

しかも、もしプランを間違えてしまったとしてもプラン変更に手数料はかかりません。

契約者・利用者を分けられたり、有害サイトフィルタを設定できたり、お子様にスマホを持たせる際の危険も出来る限り回避できます。

そこで今回はLINEモバイルのプランの中から年齢・学年別におすすめプランをご紹介!

LINEモバイルのおすすめプラン|数と詳細は?

LINEモバイルのプランはシンプルでわかりやすくリーズナブル。

小中学生から大人まで幅広い年齢層におすすめできる理由は、『シンプルなベースプラン』と『こだわりのオプション』というLINEモバイルのプラン構成にあります。

まずはLINEモバイルのプランについてご紹介していきたいと思います。

基本がシンプルなLINEモバイルの『ベーシックプラン』

LINEモバイルにはプランが1種類しかありません。

ここではLINEモバイルの基本となる『ベーシックプラン』について簡単に解説しますね。

ベーシックプランでは3つの要素をからプランを組み立てていきます。

ベーシックプラン契約時に選ぶもの
  • 通信回線
    • ドコモ
    • au
    • ソフトバンク
  • SIMカードの種類
    • 音声通話SIM
    • データSIM
  • データ通信量
    • 500MB
    • 3GB
    • 6GB
    • 12GB

何も難しいことはなく『キャリアはどれがいいかな?』『音声通話はするかな?』『通信量はどれくらいかな?』というくらいの感覚で選んでも問題はありません。

SIMカードの種類と契約する通信量によって料金が変わります。

データSIM 音声通話SIM
500MB 月額 600円 月額 1,100円
3GB 月額 980円 月額 1,480円
6GB 月額 1,700円 月額 2,200円
12GB 月額 2,700円 月額 3,200円

通信回線(ドコモ、au、ソフトバンク)の違いによる料金の違いはありませんが、通信回線の変更時には手数料 3,000円が発生します。

また、SIMカードの種類は変更できない点には要注意!

『データSIMで契約したけどやっぱり音声通話がしたい』となったら一度解約して新規契約しなければいけません。

そしてLINEモバイルではなんと全プランで『LINE』がデータフリーで使い放題です!

データフリーとは

  • 対象のサービスの通信量を消費しない
  • 高速通信料を使い切った後でも有効

通信量を気にせずいつでも高速回線使い放題

LINE上での通信量は使い放題なので、『連絡ツール』としての通信量は考慮せずにプランを考えればOK!

大手キャリアよりも控えめの通信量で契約しても、使い方次第ではまったく問題無く利用できますよ。

細かくこだわれるLINEモバイルの『オプションプラン』

それでは次にLINEモバイルのオプションプランについてご紹介していきます。

LINEモバイルは豊富なオプションが存在しているので、使い方に合わせて便利&お得なプランに組み立てていくことが可能です。

LINEモバイルの主なオプション
  • データフリーオプション
    • SNSデータフリー(対象:Twitter、Facebook) 月額280円
    • SNS音楽データフリー(対象:Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC) 月額480円
  • 通話オプション
    • 10分電話かけ放題 月額880円
    • 留守番電話プラス 月額300円
    • 割込通話 月額200円
    • 国際電話 無料
  • 端末保証オプション
    • 端末保証 月額450円
    • 持込端末保証 月額500円
  • Wi-Fiオプション 月額200円
  • セキュリティオプション
    • ウイルスバスター(3台分) 月額420円
    • i-フィルター 無料
  • LINE MUSICオプション 月額750円

※すべてのオプションではありません。詳しくはLINEモバイルのWEBページを参考にしてください。

中でもお子様のスマホにおすすめしたいのがセキュリティ関係のオプションです。

ウイルスバスターは、その名の通りAndroidスマホへのウィルスや乗っ取り被害等からスマホを守ってくれます。

家族のうちの誰か一人でも契約していれば3台分(LINEモバイル以外のスマホやパソコンもOK)がセキュリティ対象になるため、

1台あたり月額140円という超リーズナブルな価格が魅力的ですね!

i-フィルターは、18歳未満のLINEモバイルユーザーに義務付けられているフィルタリングアプリです。

なんとLINEモバイルではi-フィルターの利用は無料なんです!

有害なサイトをブロックする他、GPSで居場所を把握したりインターネットの利用に制限をかけたり、どんなサイトを見ていたかまでチェックすることができます。

お子様のインターネット利用が心配な親御さんの『心配!』『見守りたい!』という気持ちをカバーしてくれる機能が充実しているので、

不安な気持ちをなくしてお子様にスマホを持たせてあげることができるのではないでしょうか。

以上が基本プランの紹介です。

更に詳しい解説についてはこちらの記事でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルのおすすめプラン|一番はどれ?

基本のプランについてはなんとなくおわかりいただけたでしょうか。

簡単だけどどれにすれば良いのか…と悩んでしまう方もいるかも知れませんね。

そこで、様々な年齢のお子様にぴったりのプランはどれか?考えてみました!

利用状況や年齢によっておすすめしたいプランが異なるので、年齢別にご紹介していきますね。

LINEモバイルのおすすめプラン|高校生におすすめのプランは?

まずは『周りの友達もみーんなスマホ持ち!?』という年齢になってくる高校生におすすめのプランから。

『SNSの利用から犯罪に巻き込まれてしまうのでは…』と心配になることもあるのではないでしょうか。

かと言って使わせないというのでは仲間はずれにされないか心配ですよね…

難しい年齢でも安心して使えるプラン考えてみました!

おすすめ『音声通話SIM ベーシックプラン 3GB 月額1,480円』

高校生には『音声通話SIM ベーシックプラン 3GB 月額1,480円』がおすすめです。

ちょっと少ないかな?と感じる方もいるかも知れませんが、3GBのデータ容量があれば動画が6時間程度視聴できるので、

使いすぎを抑止するためにもちょっと少ないと感じるくらいが実はちょうど良かった!なんてことも。

自宅にWi-Fiがあれば自宅での通信量は気にせずに使えるので、外出時のみで3GBと考えると満足できる容量だと思います。

Wi-Fiは使わない+動画視聴で学習しているなど特殊な事情がない限りはこちらのプランがおすすめです。

おすすめオプション『SNS音楽データフリー+LINE MUSIC 合計月額1,230円』

通学中などに音楽を聴いていて音楽のダウンロード料金やCDのレンタル料金が月に何千円も何万円もかかっている…

というお子様には、『SNS音楽データフリーオプション 月額480円』と『LINE MUSICオプション 月額750円』を追加するのがおすすめ!

ベーシックプランと合わせると2,710円ですが、これでもまだまだ大手キャリアよりリーズナブルですね。

LINEモバイルを通してLINE MUSICに登録すると通常価格よりも月額121円程度安く契約できるので、聴き放題タイプの音楽サービスを検討している高校生には特におすすめです。

更にSNS音楽データフリーオプションを追加することで、LINE MUSICの通信量もデータフリー化が可能です。

その他にTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSもデータフリーになりますよ!

データフリーになるサービスが増えるため、ベーシックプランが3GBで『ちょっと少ない』と感じても不満は出にくくなるのではないでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルのおすすめプラン|中学生におすすめのプランは?

スマホデビューも増えてくる中学生におすすめのプランをご紹介します。

中学生だと学校のお友達とのLINEのやりとりをメインに使うお子様が多いのではないでしょうか。

そしてやはり防犯グッズとしての使い道も外せない所ですよね。

ということで、『コミュニケーション+防犯』を考慮して中学生におすすめしたいプランはこちら!

おすすめ『音声通話SIM ベーシックプラン 3GB 月額1,480円』

中学生にも高校生と同じ『音声通話SIM ベーシックプラン 3GB 月額1,480円』がおすすめ。

音声通話もできてデータ容量もそこそこ充実しているこちらのプランなら大抵の使い方に対応できます。

『3GBだと中学生にしては少し多いかな?』と感じる方もいるかも知れませんが、

500MBで契約して追加データを購入するよりは最初から3GBで契約してしまった方がお得ですよ!

オプションは契約時から無理につけておくのではなく、お子様の成長に合わせて後から契約するのがおすすめです。

早いうちからプランを充実させて後から厳しくするよりは、徐々にできることを増やしていった方がお子様としても嬉しいはず。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルのおすすめプラン|小学生におすすめしたいプランは?

最後は『親子の連絡ツールとして』『防犯機器として』などの理由からスマホデビューを考え始める小学生におすすめのプランです。

小学生には必ずつけたい『防犯ツール』としての機能を重視したプラン設計をご紹介します。

おすすめ『音声通話SIM ベーシックプラン 500MB 月額1,100円』

一番おすすめしたいのは、『音声通話SIM ベーシックプラン 500MB 月額1,100円』です。

防犯面から一番外せないのは『音声通話SIMを選ぶ』こと!

音声通話がつかないプランには緊急時に110番や119番に電話できないという大きなデメリットがあります。

また、成長とともに通話機能が必要になる機会も増えると思いますので、機能に慣れておくという意味でも最初から音声通話SIMの契約がおすすめです。

通信量は一番コンパクトなプランですが、インターネットのやりすぎ防止にもちょうどいいのではないでしょうか。

お子様にスマホを渡す前にi-フィルターを設定しておくことも忘れずに!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルのおすすめプラン|プラン選択を間違えても大丈夫!

ここでおすすめされたプランや自分で良いと思ったプランを使ってみたけどどうも自分には満足できないな…

と思った時は、適切なプランへの変更をおすすめします。

LINEモバイルではプラン変更&オプション変更は無料なので、気になることがあればササッと変更してしまいましょう。

LINEモバイルでプラン変更する際の注意点
  • 適用は翌月1日から
  • 通信回線の変更には手数料3,000円が発生
  • SIMカードの種類(音声通話SIM、データSIM)は変更できない

SIMカードの種類を変更する場合には再契約という形になってしまうので、音声通話をつけるかどうかは慎重に検討してくださいね!

LINEモバイルのおすすめプランのまとめ

LINEモバイルのプランはとても簡潔でわかりやすいプランばかり。

プラン自体はいつでも変更できるので、まずはお試しに一番安価なプランから始めてみるのもいいかも知れませんね!

何度も繰り返しになりますが、サービスタイプだけはあとから変更できないので要注意です。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル