スマホ料金の1万円が安くなる|携帯料金を節約し安く抑えて好きな旅行や趣味にお金を使おう〜!

スマホ料金の1万円が安くなる|携帯料金を節約し安く抑えて好きな旅行や趣味にお金を使おう〜!

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『スマホ料金が高い!1万の携帯料金を節約し安く抑えて好きな旅行や趣味に生きたお金を使おう〜!』

皆さんの月々のスマホ代っていくらくらいですか??

そこそこのデータ通信量をつかってかけ放題をつけて、そこに分割払いの端末代金をプラスして…

なんてしているうちに、毎月1万円以上になっている方も多いのではないでしょうか。

毎月お財布を圧迫しているスマホ料金を安くしたいなら格安SIMがおすすめ!

中でもLINEモバイルは幅広く多くの方におすすめできるので、ぜひ選択肢の中に加えていただきたい格安SIMのひとつです。

そうは言っても

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えると具体的に月々どれくらいお得になるの?

というのは当然の疑問ですよね。

ということで今回はLINEモバイルに乗り換えるメリットや実際に乗り換えるた時にどれくらいお得になるかをまとめてご紹介していきます!

LINEモバイル

スマホ料金の1万円|知ってた?日本のスマホ、携帯料金って世界的に見てべらぼうに高いってこと

きっとこの記事をご覧になっている方の多くが月々のスマホ料金に悩まされているのではないでしょうか。

そんなに使っているつもりはないのに何故か1万円近い、あるいは1万円以上の出費になってしまって困っている方は多いはず。

実は日本のスマホ料金って世界的に見ても決して安くはないのです。

こちらの画像は2018年に総務省が発表した世界のスマホ料金の比較結果です。

大手キャリアが大幅なプラン変更を行った2019年よりも前のデータなので参考程度ではありますが、

それでも『2GBや5GBのプランは中程度』『20GBに至っては世界1位の価格』という価格だった事実を踏まえるとやはり『スマホ代が高い!』という感覚が間違っていないことがわかります。

特に低価格なロンドンやパリに比べてしまうと軒並み2倍からそれ以上の違いがあるのは、さすがに高すぎじゃない?

と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

スマホ料金の1万円|月々の携帯料金を大手キャリアの半分以下で利用できる格安SIMって知ってる?

世界的にも決して安くはない日本のスマホ料金。

『月々のスマホ料金を安くしたい!』と思う方から人気を集めているのが最近話題の『格安SIM』なんです。

格安SIMというのは、

『大手キャリアの通信設備や電波帯を借りてサービスを提供しているスマホの会社』と言えばわかりやすいのではないでしょうか。

大手キャリアが投資をしてきた設備を借りることで大幅に費用が抑えられる、というのが格安SIMが『格安』である理由です。

格安SIMにはいろんな特徴がある

最近は『格安SIM』と聞くだけで思い浮かぶ会社が複数あるのが普通というくらい一般的な存在になりましたよね。

UQモバイルやmineo、ワイモバイルなどはTVCMも頻繁に放送されているのですぐに思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

どうせどの会社も一緒なんでしょ?』なんて思ってはいませんか?

それは大きな間違いです!

格安SIMの魅力は料金が安くなるだけではなく、各社が独自の差別化を図ったプランやオプションにあります。

『大容量通信に対応した格安SIM』や『音声通話に力を入れている格安SIM』など、格安SIMごとに特色があるんです。

この特色が自分に合った格安SIMを選べば今よりもずっとお得に感じながらスマホの利用契約ができるはず!

スマホ料金の1万円|スマホって結局、通話、LINE、SNS、ネットができればいいよね?だったらLINEモバイルが一番おすすめ

『自分に合う格安SIMの特色ってどんなものなの?』と考えるなら、まずは普段の使い方を振り返ってみましょう。

普段はLINEでメッセージと無料通話、時々音声通話を使って毎日SNSをチェックしつつネットでニュースを見る。

という方は多いのではないでしょうか?

実は筆者もこんな感じです。特にLINEとSNSのチェックは日常生活に欠かせないものになっています。

筆者のように主なスマホの利用用途がLINE・SNS・音声通話・ネットを全部少し~そこそこ使えればOKな方におすすめなのがLINEモバイルです!

LINEモバイルには

  • だれでもLINEがデータフリー
  • SNS、音楽配信サービス(LINE MUSIC、Spotify、AWA)はオプションでデータフリーにできる
  • 10分電話かけ放題オプションがある
  • 500MB~12GBのライトユーザーからミドルユーザー向けのデータプラン

という特徴があります。

全体的にわかりやすいプラン展開なので性別や年齢を問わず幅広い方におすすめできる格安SIMです。

詳しいメリットやデメリットは以下の記事でもご紹介しているのでぜひ乗り換えの参考にしてみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

スマホ料金の1万円|大手キャリアとLINEモバイルを同じデータ使用量で月額料金を比較してみた!

スマホのライトユーザーからミドルユーザーに超おすすめしたいLINEモバイルですが、

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えた場合どれくらい月額料金に差が出るのか?

実際に検証してみました!

今回は5GBデータ通信を行い、短時間の通話かけ放題オプションをつけた場合で比較していきたいと思います。

【LINEモバイル】音声通話SIM ベーシックプラン6GB+10分電話かけ放題

今回おすすめするLINEモバイルには、5GBピッタリのプランがありません。

そのためLINEモバイルでは音声通話SIM ベーシックプラン6GBで契約した場合を想定していきます。

データSIM 音声通話SIM
500MB 月額 600円 月額 1,100円
3GB 月額 980円 月額 1,480円
6GB 月額 1,700円 月額 2,200円
12GB 月額 2,700円 月額 3,200円

こちらにLINEモバイルのかけ放題オプション『10分電話かけ放題 月額880円』を追加すると、このような結果になりました。

  • 音声通話SIM ベーシックプラン 6GB…月額2,200円
  • 10分電話かけ放題…月額880円

合計 3,080円

この時点で大手キャリアと比べるとかなり安い利用料金ですが、実際にはどれくらい安くなるのかこの後に検証していきますよ!

なお、LINEモバイルでは全プランで『LINE』が使い放題です。

通信量を消費せず、契約通信量を使い切った後でも高速通信で使い放題になっています。

LINEの通信量を含めれば実際には5GB以上使えるため、普段LINEでの通信量が多い方ほど『大手キャリアの時より消費通信量が減った』と実感するはずです。

【ドコモ】ギガライト ステップ3(5GB)+5分通話無料オプション

ここからは大手キャリアとの比較です。まずはドコモと比較してみましょう。

ドコモのプランはギガライトでステップ3(5GB)まで使用した場合を想定します。

ギガライト ギガホ
~1GB 2,980円
~3GB 3,980円
~5GB 4,980円
~7GB 5,980円
~30GB 6,980円

 ※2年契約適用時の料金です

こちらにドコモのかけ放題オプション『5分通話無料オプション 月額700円』を追加すると、このような結果になりました。

  • ギガライト ステップ3(~5GB)…月額4,980円
  • 5分通話無料オプション…月額700円

合計 5,680円

やはり格安SIMのLINEモバイルに比べると大手キャリアの通信量は高額になりがちですね…

さて、LINEのプランに乗り換えた場合はどれくらいお得になるのでしょうか?

グラフで比較してみました。

なんと月額2,600円の差になりました! 年間にすると31,200円です。

1人でこれだけ浮くなら家族分となればかなりの節約になります。

1年間で家族旅行分の貯金ができてしまうかも!?

【au】ピタットプラン 4G LTE 7GB+通話定額ライト

続いてはauと比較してみましょう。

auもLINEモバイル同様に5GBピッタリのプランが無いため、ピタットプラン 4Gの LTEで7GBまで使用した場合を想定します。

ピタットプラン データMAX
~1GB 2,980円
~4GB 4,480円
~7GB 5,980円
無制限 7,480円

 ※2年契約適用時の料金です

こちらにauかけ放題オプション『通話定額ライト(5分間かけ放題) 月額700円』を追加すると、このような結果になりました。

  • ピタットプラン ~7GB…月額5,980円
  • 通話定額ライト…月額700円

合計 6,680円

auでは4GBの上が7GBと3GBも増量してしまうため、ドコモよりも高額になってしまいました。

こちらもグラフで比較してみると…

なんと月額3,600円の差になりました! 年間にすると43,200円です。

LINEモバイルが6GBに対してauが7GBのプランなので『LINEモバイルの方が1GB損!』と思うかも知れませんが、

LINEモバイルでは1GBあたり1,000円で追加データが購入できるため、毎月1GBずつ追加データを購入してもauより安く利用できます。

【ソフトバンク】メリハリプラン 割引なし+準定額オプション

最後はソフトバンクと比較してみましょう。

ソフトバンクではコンスタントに2GB以上利用する方がお得なメリハリプランで5GB利用した時の料金で比較します。

ミニフィット メリハリ
~1GB 3,980円
~2GB 5,980円 5,980円
~5GB 7,480円
~50GB 7,480円

こちらにソフトバンクのかけ放題オプション『準定額オプション+(5分間かけ放題) 月額800円』を追加すると、このような結果になりました。

  • メリハリプラン 2GB以上…月額7,480円
  • 準定額オプション+…月額700円

合計8,180円

ソフトバンクは大量通信する人向けのプランが充実しているため、5GBの利用は他社よりも高額になりがちです。

その結果が月額8,180円です。

月額5,100円の差ですね! 年間にすると61,200円お得です。

ドコモやauに比べると金額差はかなり大きい結果になりましたね。

ここで忘れてはいけないのが『あくまでも5GB使ったら…』という想定での比較であるということ。

ソフトバンクのメリハリプランのメリットは『50GBの大容量が使える』ことです。

LINEモバイルには最大12GBまでのプランしか存在しないため、それ以上使うためには割高な追加データを購入するしかありません。

そのため『毎月50GBくらい使う』となると当然ソフトバンクの方がお得です。

スマホ料金の1万円のまとめ

普段連絡ツールとしてLINEを活用している方は多いと思いますが、そんな方に是非おすすめしたいのがLINEモバイルです!

大手キャリアに比べるとLINEモバイルへの乗り換えがどれほどお得かおわかりいただけたのではないでしょうか。

大手キャリアにこだわりがない方であればLINEモバイルへの乗り換えはメリットは大きいはず。

半年後の趣味への出費に向けて、1年後の旅行に向けて、LINEモバイルに乗り換えて節約スマホ生活を始めてみませんか?

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル