LINEモバイルとTONEモバイルを速度や特徴で比較

LINEモバイルとTONEモバイルを速度や特徴で比較
2020年6月23日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルとTONEモバイルを徹底比較!』

スマホ料金の節約のために格安SIMに乗り換える人が増えていますが、

お子様やシニア用の格安SIMを探している方は『簡単でわかりやすい、初心者向け』という点を重視している方も多いはず。

格安SIMの中でも特に『初心者にやさしい』という特徴を持つのが

LINEが提供するLINEモバイルと、TSUTAYAが提供するTONEモバイルです!

どちらも『運営元が生活に身近なサービスを提供している』という共通点があり、

実際どちらの方が使い続けるのに適しているんだろう?と疑問に思いますよね。

そこで今回はLINEモバイルとTONEモバイルの特徴やプラン料金を徹底比較してみました!

格安SIMの乗り換えの際はぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルとTONEモバイル|LINEモバイルの3つの特徴

まずはLINEモバイルの特徴をご紹介していきますね。

LINEモバイルはその名の通り『LINE』が提供する格安SIMです。

『LINE』といえば毎日のように使っているコミュニケーションの定番アプリですから、身近度はかなり高いですよね。

そんなLINEモバイルの特徴はこちらのとおりです。

LINEモバイルの3つの特徴
  • 『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』のデータフリーを採用
  • 大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線が選べる
  • LINEの年齢認証をパスできる

それではこれらの特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』のデータフリーを採用

LINEモバイルが人気を集める最大の理由は全プランで『LINE』のデータフリーを採用していることです。

データフリーとは特定のサービスは通信量が使い放題&いつでも高速通信という機能なのですが、LINEモバイルでは契約者全員が『LINE』アプリ使い放題!

LINEに加え、有料のデータフリーオプションを追加すれば『SNS』や『LINE MUSIC』もデータフリーの対象にすることができます。

データフリーオプション
  • SNSデータフリー 月額280円…Twitter、Facebookがデータフリー
  • SNS音楽データフリー 月額480円…Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがデータフリー

テザリングもデータフリー対象なので、テザリング通信中ならパソコンやタブレットからのLINEやSNS利用でも使い放題になりますよ!

LINEやSNSの利用状況によっては多くの通信量を節約することも可能です。

高解像度の画像や動画をやりとりすることが多い方、ビデオ通話など安定した高速通信が必要な方には超おすすめ!

データフリーなので、通信制限がかかったあとでも高速通信ができます。

大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線が選べる

LINEモバイルは大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から回線が選べるので、回線にこだわりがある方も安心です。

お手持ちの端末がキャリアで購入した端末であれば、同じ回線を選べば端末と回線の相性もバッチリ。

SIMロック解除も不要で乗り換えることも可能です。

『LINEモバイル』のプランやサービスは気に入ってるけど回線に不満が…という場合でも、別の回線に乗り換えることもできますよ!

 LINEの年齢認証をパスできる唯一の格安SIM

大手キャリアでは当たり前のように行えるLINEの年齢認証ですが、実は格安SIMでは年齢認証できないのが普通です。

なぜならLINEの年齢認証システムは大手キャリアの契約情報(年齢)をチェックする仕組みになっているので、

格安SIMでは契約情報を読み込むことができないからです。

しかし! LINEモバイルはLINEが提携している格安SIMです。もちろんLINEのアカウントとも連携OK。

ということはどういうことかというとLINEの年齢認証がパスできるということです。

現在の所、LINEの年齢認証がパスできる格安SIMはLINEモバイルとY!mobileの2社だけ

『ID検索』『オープンチャットの全機能』を使うためには重要なポイントなので、この点を重視している方は絶対にLINEモバイルがおすすめですよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイル|TONEモバイルの3つの特徴

続いてはTONEモバイルの特徴についてご紹介しましょう。

名前からはあまり想像できませんが、TONEモバイルはレンタルDVDなどでおなじみの『TSUTAYA』が提供する格安SIMです。

レンタル以外にも書籍・文具・雑貨などを販売しているため利用者の方も多いのではないでしょうか。

そんなTONEモバイルの特徴はこちらのとおりです。

TONEモバイルの3つの特徴
  • 専用端末のみだから端末が届いたらすぐ使える(iPhoneは除く)
  • オプションを組み合わせて好みのプランを作れる
  • IP電話がついてくる

それでは以上の特徴について詳しくご紹介していきますね!

専用端末のみだから端末が届いたらすぐ使える

TONEモバイルの最大の特徴は、使える端末がTONEモバイル専用の端末のみというところ。

※iPhoneを利用したい場合はiPhone専用のSIMカードのみプランも存在するのでご安心ください

今使っている端末で乗り換えたいと考えている方や

スマホに乗り換えるならこの端末!という希望がある方にとってはデメリットにも感じられるこの特徴ですが、

格安SIMでは当たり前にやらなければならないSIMカードの設定や端末の初期設定などは一切不要で

端末を手に入れたらスグ使えるという嬉しいメリットがあります。

例えば機械が苦手で初期設定などの操作に不安がある方や、ややこしいことが嫌いなご年配の方にピッタリですね!

また、端末自体の選択肢は現時点で2機種のみなのでスマホに変えたいけどどれを選べば良いかわからない…

というスマホ初心者さんにもおすすめです。

オプションを組み合わせて好みのプランを作れる

TONEモバイルのプランは他社の格安SIMに比べるとかなり特徴的です。

というのも、TONEモバイルには基本プランが1種類しかなく通信量を選ぶことすらしなくて良いんです。

料金は1,000円というわかりやすさ&安さが魅力的。

その代わりにオプションプランが充実しているので、

基本プランに自分好みのオプションを組み合わせてオリジナルプランを作ることが可能になっています。

プランを組み立てる自由度が高いのでかゆい所に手が届くようなプラン作りができるはず。

IP電話がついてくる

通常、格安SIMでは音声通話をしたい場合には『音声通話つきのSIMカードプランを契約』する必要があります。

しかしTONEモバイルではプラン内にIP電話が組み込まれているので音声通話つきSIMカードを契約しなくても通話が可能です。

090・080・070などから始まる『音声通話(電話)』の回線ではなくインターネットを使用した『IP電話』なので、

『SMSが使えない』『緊急通報(110や119など)できない』『他社から乗り換える・乗り換えたい時に同じ番号が使えない』などデメリットもありますが、

『TONEモバイル同士の通話が無料』『通話料金が安い』『固定電話にもかけられる』などのメリットがあり、

あくまでも『普通に通話するだけ』なら問題なく利用できますよ!

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイル|各格安SIMの料金やプランを徹底比較

LINEモバイルとTONEモバイルの特徴を把握した所で、それぞれの格安SIMの料金やプランを比較してみましょう。

各格安SIMの通話料金

まずは音声通話の料金を比較しました。

LINEモバイル TONEモバイル
国内通話 10円 / 30秒
※いつでも電話アプリ使用の場合
17円 / 30秒
※090おとく電話オプション利用の場合
5分かけ放題オプション なし 月額750円
10分かけ放題オプション 月額880円 IP電話限定 月額500円
IP通話料金 なし
  • TONEモバイル同士 無料
  • 国内携帯電話 21円/1分
  • 国内一般電話 13円/3分

LINEモバイルは『いつでも電話アプリ』を使用することで通話料金を安くできるシステムが導入されているため、

通常の通話料金ならTONEモバイルよりも安く通話することが可能になります。

かけ放題オプションに関しても数十円の違いで5分が10分になるのであればLINEモバイルの方がお得感を得られるように感じます。

個人的には『5分だとちょっと物足りないかなー?』と思うので、LINEモバイルの10分かけ放題は魅力的ですね!

一方でTONEモバイルはIP電話を使えばLINEモバイル以上に通話料金が安くなるので、回線の種類にこだわらない方ならTONEモバイルもおすすめです。

各格安SIMの通信量プランの仕組み

続いては通信量プランの仕組みを比較していきましょう。

まずはLINEモバイルのプランの仕組みからご紹介していきます。

LINEモバイルのプランの仕組み
  1. 回線(ドコモ/ソフトバンク/au)
  2. SIMカードの種類(SMSつきデータ専用SIM/音声通話つきSIM)
  3. データ通信量(500MB/3GB/6GB/12GB)
  4. オプション

以上の4つの要素を組み合わせてプランを構築していくのがLINEモバイルの基本です。

要素が多いので大変に感じるかもしれませんが、ひとつずつ見れば決して難しいことはありません。

一方TONEモバイルのプランの仕組みはこのようになっています。

TONEモバイルのプランの仕組み
  1. 基本プラン(常時中速通信、容量無制限)
  2. 通信タイプをオプションで追加(SMS・音声通話)
  3. 高速通信量は都度追加(31日ごとに10GBまで)

TONEモバイルはLINEモバイルを含めた他社格安SIMに比べてかなり個性的な仕組みです。

ベースとなる基本プランに音声通話や高速通信量をオプションで追加していくのがTONEモバイルの基本です。

先月は足りなかったからプラン変更して増量したら今月はたくさん余っちゃった……

という経験がある方もいると思いますが、

TONEモバイルは毎月必要な分だけ通信量を購入すれば良いため、まさに『今の自分』に合わせたプランを作ることができるのです。

各格安SIMの通信量プランの料金

LINEモバイルとTONEモバイルの通信量プランの仕組みはおわかりいただけたでしょうか。

それではここで各格安SIMの通信量プランの料金を比較していきますね。

TONEモバイルには高速通信込みのプランがないので。高速通信を行いたい時や動画視聴・アプリダウンロードの際はその都度追加データを購入する必要があります。

今回はTONEモバイルでLINEモバイルのプランと同等の通信量を利用したらどうなるかという例も一緒にご紹介します。

まずはデータ通信のみの場合はこちらの通りです。

■データ専用プラン■

月額(税別) LINEモバイル TONEモバイル
500MB 600円 不可
3GB 980円 【例】1,900円
6GB 1,700円 【例】2,800円
12GB 2,700円 不可
無制限 なし 1,000円 ※500kbps-600kbps
追加データ
  • 0.5GB/500円
  • 1GB/1,000円
  • 月10回まで、最大10GB
  • 1GB/300円
  • 31日10回まで、最大10GB

LINEモバイルとTONEモバイルで同じ高速通信量を使った場合、料金だけで見たら大体1,000円前後ほどLINEモバイルがお得です。

ただしLINEモバイルは『SMSつき・音声通話なし』のプランで、TONEモバイルは『SMSなし・IP電話あり』というプランなので、

両者が持つ個性や特徴が大きく異なっていることも注目しておきたい所です。

ちなみにLINEモバイルにはIP電話に相応する機能がないため、格安SIMとの契約でIP電話が欲しいならTONEモバイルがおすすめです。

続いて音声通話をつけたプランの比較を見ていきましょう。

■音声通話プラン■

月額(税別) LINEモバイル TONEモバイル
500MB 1,100円 不可
3GB 1,400円 【例】2,850円
6GB 2,200円 【例】3,750円
12GB 3,200円 不可
無制限 なし 1,000円 ※500kbps-600kbps
追加データ
  • 0.5GB/500円
  • 1GB/1,000円
  • 月10回まで、最大10GB
  • 1GB/300円
  • 31日10回まで、最大10GB
音声通話オプション 月額 950円

こちらも料金的にはLINEモバイルが圧倒的にお得ですね。

というのも、TONEモバイルは050から始まるIP電話で利用することがベースになっているため、

090や080から始まる音声通話を利用するためのオプション料金が月額950円とかなり高く設定されているからです。

使い慣れた090や080から始まる電話番号をMNPで使い続けたい方の場合、TONEモバイルは割高な格安SIMと言えます。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイル|各格安SIMのサポート体制はどう?

初めての格安SIMへの乗り換えだとわからないことだらけで不安になることもありますよね。

そんな時に重要なのが各格安SIMのサポート体制です。

LINEモバイルのサポート

まずはLINEモバイルのサポートについて、詳しい内容を見ていきましょう。

LINEモバイルのサポート窓口
  • 電話(10時~19時/契約検討中:0570-087-275、契約者:0120-142-275)
  • メール(受付は24時間)
  • LINEトークによるチャット(オペレーター受付は10時~19時)
  • 個人情報が関係ない内容ならTwitterでもOK

LINEモバイルのサポートはLINEのトークからチャットでオペレーターと直接やりとりできる所が素晴らしいです!

LINEならどこからでも簡単に質問できますし、

普段使っているアプリなので身近な人に相談する感覚で悩みを解決できるのが嬉しいですよね。

Twitterでも積極的に対応してくれているのもありがたいです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

TONEモバイルのサポート

続いてはTONEモバイルのサポートの詳細をご紹介します。

TONEモバイルのサポート窓口
  • 電話(10時~19時/契約検討中:050-7300-6371・契約者:050-7300-6773)
  • メール(受付は24時間)
  • TONEモバイル販売対応のTSUTAYA・カメラのキタムラの各店舗(店舗の営業時間中)
  • TONEモバイルのスマホ教室(要予約)

TONEモバイルのサポートの1番の強みはTONEモバイル専用端末だからこそできるサポートの内容にあります。

電話でのサポートは気軽ですが『意思の疎通ができなかったら解決できないかも…』という不安が残るのがデメリットでしたが、

TONEモバイルはTONEモバイル専用端末なのでオペレーターが遠隔操作でサポートしてくれることもあるのです!

これなら近くに実店舗がない方やスマホ操作に自信がない方でも安心ですよね。

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイル|各格安SIMの通信速度の速さはどう?

プラン料金が割高なのかお値打ちなのかは実際に使ったときの通信速度がとても重要です。

もちろん通信速度が早い方が快適ですが、LINEモバイルとTONEモバイルの通信速度を比較するとどのようになるのでしょうか?

比較結果を見る前に通信速度の目安を確認しておきましょう。

通信速度の目安
  • テキストメッセージのやりとり
    0.2 Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~3 Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~5 Mbps(高画質なほど早い方が良い)

1Mbps程度あるとLINEのトークや文字の表示程度なら問題なく、3Mbps程度でどんなアプリでも問題なく通信が行えます。

理想で言えば5Mbps程度の速度があると高画質な動画もサクサク楽しむことができるイメージですね。

今回は『学校や仕事が終わって一息』という時間帯を想定して、20時ごろの通信速度を比較してみました。

LINEモバイルの通信速度

まずはLINEモバイルの通信速度からみていきましょう。

LINEモバイル愛用中の筆者が『東京都内、ドコモ回線』で計測した結果がこちらです!

下り(ダウンロード)…32.7Mbps
上り(アップロード)…16.8Mbps

これは速いですね~!

高画質な画像の送受信や動画の視聴も問題ありません。

もちろんもっと低速でも通信が可能なテキストメッセージやインターネット・SNSの利用もまったくストレス無く利用できましたよ!

TONEモバイルの通信速度

次はTONEモバイルの通信速度なのですが、残念ながら筆者はTONEモバイルのスマホを持っていません。

そこでTwitterから実際の利用者の声を調査してみました!

それほど多くの方が口コミを発信していなかったため画像が用意できなかったのですが、このような口コミを見かけました。

下り(ダウンロード)…20.4Kbps

ちょっと信じられないくらいの遅さですね…

単位がM(メガ)ではなくK(キロ)になってしまっているのも残念ですが、

更にLINEモバイルの速度制限中(約200Kbps程度)をも下回る通信速度というのはショックな結果です。

他にも速度についてのコメントを探してみたのですが、多くの方が速度について不満を抱えている様子でした。

この通信速度ではさすがにストレスを感じることが多そうです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイル|各格安SIMの最低利用期間は?解約料金はいくら?

最後はLINEモバイルとTONEモバイルの最低利用期間や解約料金について比較してみました。

大手キャリアでは『2年縛り』というのが定番ですが、

格安SIMではあまり聞きませんよね。今回比較する2社の場合はどうでしょうか?

LINEモバイルの最低利用期間と解約料金

まずはLINEモバイルの最低利用期間についてご紹介していきます。

LINEモバイルの場合、最低利用期間はありませんでした。

最低利用期間などはないのですが、そのかわりにいつ解約しても解約手数料として1,000円発生する※のでご注意ください。

※これから新規契約する方の場合。既に契約者の場合は解約手数料が発生する条件や金額が異なる場合があります。

TONEモバイルの最低利用期間と解約料金

続いてはTONEモバイルの最低利用期間も見ていきましょう。

TONEモバイルの場合は24ヶ月の最低利用期間が設けられています。

24ヶ月はちょっと長いですね…

また、期間内の解約には9,800円の違約金が発生するので要注意。

この価格は大手キャリアの新プランよりも高額なので、スマホの通信会社の中でもかなり高額な部類に入ります。

ただし、最低利用期間(2年)を過ぎてしまえばその後は解約金は発生しないのでその点は安心できますね!

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイルはどっちがおすすめ?

わかりやすいプランで格安SIMの王道ながらもデータフリーがお得なLINEモバイルと、

かなり個性的でオリジナリティ満載のTONEモバイルですが、上手に使いこなすためには自分に合う方を選択すべきです。

どちらがどんな方におすすめなのか簡単にご紹介するので、ぜひ格安SIM選びの参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルをおすすめしたい人
  • 『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく使う人
  • 通信環境にこだわりたい人
TONEモバイルをおすすめしたい人
  • とにかく簡単に格安SIMを始めたい人
  • 高速通信する必要がない人

それでは以上の方々についてどういうことなのかもう少し詳しくご紹介しますね。

LINEモバイルは『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく使う人に超おすすめ

LINEモバイルの一押しポイントはやはり『LINE』や『SNS』『LINE MUSIC』のデータフリーです。

『LINE』『SNS』『LINE MUSIC』をよく使う人には超おすすめしたい格安SIMのひとつです。

LINEやSNSのでの高画質の画像の送受信、
ちょっとした動画の送受信、
無料音声通話やビデオ通話 などなど……

これらのデータ通信量を計算したことはありますか?

今時のスマホカメラの画像は1枚で数MBになることもあり、気づかないうちに意外と消費しているんですよ。

でもLINEモバイルなら全部気にしなくて大丈夫です!

LINEやSNSユーザーにとってこんなに心強い格安SIMはありません。

LINEモバイル経由でLINE MUSICに契約すれば通常よりもちょっぴり安く契約(月額891円→750円)できて更にお得ですよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルは通信環境にこだわる方にピッタリ

通信環境にこだわる方ならLINEモバイルはとてもおすすめ!

LINEモバイルは格安SIMの中でも比較的安定した通信環境で混雑時にも高速通信が使えます。

高速通信を使うことが前提の方なら自由度が高くても割高になってしまうTONEモバイルよりは、

最初から『○GB使う』と予想してプラン契約できるLINEモバイルの方が通信費を節約することができます。

また、『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の大手3大キャリア回線を提供しているので好きなキャリア回線を選んで契約できますよ!

LINEモバイルは回線の速度にこだわる方、回線の種類にこだわる方、どちらの方も満足できる格安SIMです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

TONEモバイルはとにかく簡単に格安SIMスマホを始めたい方におすすめ

格安SIMスマホって安くてスマホが使えてとっても魅力的なのですが、

『ギガ? そもそもSIMって何? 自分で設定なんてやりたくないよ…』という不安や不満もセットなんですよね。

TONEモバイルはそんな不安・不満は全部無いので、とにかく簡単に格安SIMスマホが始めたい人にピッタリ。

確かに料金面ではLINEモバイルの方が安いですしデータフリーなど魅力的な面もあるのですが、その分ある程度は知識が必要です。

その点TONEモバイルなら基本プランは1種類と超シンプルで迷わず選択でき、専用端末だから端末や操作へのサポートも手厚い上に、

いざとなったらTONEモバイルに対応している店舗へGOで解決するので格安SIMスマホ初心者にはとても優しい仕組みです。

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

TONEモバイルは高速通信が必要ない人にもおすすめ

TONEモバイルは結果的に高速通信が割高でしたが、基本の速度が他社に比べて少し速い設定になっています。

高速通信を使うほどの通信をする予定もなく、基本通信速度を早くすれば快適に使える人にとってはかなりお得なプランになっています。

LINEモバイルのように高速通信を使い切ってしまうと低速通信になってしまうよりは、

多少基本料金が高くてもいつでも中速通信ができる方が安心できるのではないでしょうか。

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルとTONEモバイルのまとめ

LINEモバイルTONEモバイルはどちらも身近なサービスと連携が取れる格安SIMです。

安くて安定した通信環境があるLINEモバイルはデータフリープランが充実しています。

一方基本プランは1種類のシンプルなTONEモバイルは実店鋪を持つサポートによる安心感があります。

どちらの格安SIMが自分に合っているのかは普段の使い方やどういう風に始めたいか次第です。

まずは『自分がどんな風に格安SIMを使いたいか』を考えてみてはいかがでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら