LINEモバイルでiPhoneを使う前に確認しておくべき注意点と使用方法を詳しく解説

LINEモバイルでiPhoneを使う前に確認しておくべき注意点と使用方法を詳しく解説
2020年4月8日

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルでiPhoneを使う前に確認しておくべき注意点と使用方法を詳しく解説』

格安SIMの中でもLINEヘビーユーザーの方に人気が高いのが『LINEモバイル』ですが、

使い慣れたiPhoneでLINEモバイルに乗り換えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

  • iPhoneは種類がたくさんあるけどシリーズによって使える・使えないはあるの?
  • いろんなキャリアから出ているけど同じ型番ならどのiPhoneも同じ?
  • 今使ってるiPhoneはLINEモバイルに対応してる?

など、iPhoneならではの疑問も浮かんできます。

更に料金のことや通信速度など、キャリアから格安SIMに乗り換える時の心配ごとも尽きませんよね。

そこで、LINEモバイルで使えるiPhone一覧などLINEモバイルでiPhoneを使うにあたって確認すべき注意点をまとめました!

心配ごとや疑問を綺麗さっぱり解決して、気持ちよくLINEモバイルに乗り換えてみませんか?


LINEモバイル

そもそもLINEモバイルでiPhoneは使用可能なの?動作確認済みiPhone一覧

さっそくですが、LINEモバイルでiPhoneは使えるのか?という疑問から解消していきましょう。

こちらの答えはずばり『YES』です!

使えるiPhoneはを一覧表にしてまとめてみました。

ドコモ版 au版 SB版 SIMフリー版
iPhone 5 調査未実施 SB回線のみ 調査未実施
iPhone 5c ドコモ回線のみ SB回線のみ 調査未実施
iPhone 5s ドコモ回線のみ SB回線のみ au回線以外◯
iPhone 6 ドコモ回線のみ SB回線のみ
iPhone 6+ ドコモ回線のみ SB回線のみ
iPhone 6s
iPhone 6s+
iPhone 7
iPhone 7+
iPhone 8
iPhone 8+
iPhone SE
iPhone X
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11 ドコモ回線のみ確認◯ au回線のみ確認◯ SB回線のみ確認◯
iPhone 11Pro ドコモ回線のみ確認◯ au回線のみ確認◯ SB回線のみ確認◯
iPhone 11Pro Max ドコモ回線のみ確認◯ au回線のみ確認◯ SB回線のみ確認◯

iPhone11シリーズは新しい端末のためすべての回線で動作確認が完了していませんが、キャリアと回線を揃えれば問題なく使えるようです。

LINEモバイルでは大手3大キャリアの回線『ドコモ回線』『au回線』『ソフトバンク回線』がすべて使えますが、

キャリア版iPhoneを他キャリア回線で使いたい時には『SIMロック解除』が必要です。

また、一部のキャリア版iPhoneでは同じキャリア回線で使用する際にもSIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除をするデメリットは特に無く、SIMロック解除をしたからといって元のキャリアで使えなくなるというようなことは無いのでご安心ください。

基本的にiPhoneを含むキャリア版スマホは同じキャリアの回線と相性が良いので回線選びの参考にしてくださいね。

👇SIMロック解除の方法や条件などはこちらのページでまとめています👇

LINEモバイルにSIMを変更すると月額・年額これだけ支払いが異なる

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えると安くなるのはわかっているけれどどれくらい安くなるかはよくわからないという方も多いはず。

そこで3大キャリアとLINEモバイルのプランの支払い額を比較してみました!

なお、今回は通信量を節約しながら使う方を想定して『3GB前後』のプランで比較しています。

ドコモからLINEモバイルに乗り換えた場合

ドコモからLINEモバイルに乗り換えた場合は、毎月2,500円お得になりました!

内訳をご説明していきますね。

比較に使用したドコモのプランは使用した通信量に応じて料金がステップアップする『ギガライト』です。

ドコモ『ギガライト』

~1GB ~3GB ~5GB ~7GB
2,980円 3,980円 4,980円 5,980円

※すべて月額、2年契約あり

ドコモでは月額『3,980円』。音声通話かけ放題などのオプションはつけていない、一番シンプルなプランです。

それではLINEモバイルの料金を見ていきましょう。

以上のドコモプランに一番近いLINEモバイルのプランはこちらの通り。

LINEモバイル『音声通話SIM』

500MB 3GB 6GB 12GB
1,100円 1,480円 2,200円 3,200円

※すべて月額、1年契約

こちらもかけ放題やデータフリーなどのオプションはつけていないシンプルなプランです。

といってもLINEモバイルは全プランで『LINE』がデータフリーで使い放題!

なので、実際には3GB以上高速通信が行えます。

例えばLINEで動画や写真を送受信しまくっても長時間のビデオ通話を頻繁に行ってもデータ量のカウントはゼロ!

同じ3GBでもドコモのプランよりちょっぴりお得に感じるのではないでしょうか。

毎月2,500円節約になるということは、年額にすると30,000円の節約に繋がります!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちらをクリック


LINEモバイル

auからLINEモバイルに乗り換えた場合

続いてauからLINEモバイルに乗り換えた場合は、毎月約2,000~3,000円お得になる結果になりました。

比較に使用したauのプランはドコモ同様に使用通信量に応じて料金がステップアップする『ピタットプラン 4G LTE』です。

au『ピタットプラン 4G LTE』

~1GB ~4GB ~7GB
2,980円 4,480円 5,980円

※すべて月額、2年契約あり

残念ながらauには上限3GBピッタリのステージがないため、4GBのプランで比較していきます。

そのため、auで3GBの通信を行うと月額『4,480円』になりました。

以上のauプランに一番近いLINEモバイルのプランとして、ドコモと同様の『音声通話SIM』のプランを使用します。

LINEモバイル『音声通話SIM』

500MB 3GB 6GB 12GB
1,100円 1,480円 2,200円 3,200円

※すべて月額、1年契約

当初の想定どおり3GB利用すると月額『1,480円』で月間3,000円ほどLINEモバイルがお得ですが、

auに合わせて4GB使ったとすると1GB追加購入(+1,000円)して2,480円としてもLINEモバイルの方が月間2,000円お得です。

年額にすると24,000円~36,000円の節約になります!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちらをクリック


LINEモバイル

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた場合

最後はソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた場合です。

ソフトバンクでは毎月約4,500円お得になりました!

比較に使用したソフトバンクのプランは他2社同様に使用通信量に応じて料金がステップアップする『ミニフィットプラン』です。

ソフトバンク『ミニフィットプラン』

~1GB ~2GB ~5GB
3,980円 5,980円 7,480円

※すべて月額、2年契約なし

ソフトバンクは音声通話プランがデータプランと別に設定されている(今回は合算して表示しています!)ため、全体的に他2社より割高です。

また、上限3GBのプランも無いので2GBか5GBか…というところになりますが、

今回は節約を頑張って2GBで抑えた想定で計算したところ月額『5,980円』になりました。

auプランに一番近いLINEモバイルのプランには他2社と同様の『音声通話SIM』のプランを使用します。

LINEモバイル『音声通話SIM』

500MB 3GB 6GB 12GB
1,100円 1,480円 2,200円 3,200円

※すべて月額、1年契約

LINEモバイルでは想定どおり3GBのプランなので月額『1,480円』です。

ちなみにLINEモバイルでは音声通話SIMを選択した時点でソフトバンクの通話プラン同等の機能を持ち、通話料金以外の追加プラン料金などは必要ありません。

通話料金の支払いは一般的な従量制の通話料金のみでOKですよ!

元々のプラン料金が高いだけあってソフトバンクの場合は年額にすると54,000円の節約になります。

ここまで節約できるとなるとちょっとした旅行に回行けるレベルですよね(笑)

>>LINEモバイルの公式サイトはこちらをクリック


LINEモバイル

LINEモバイルと大手キャリアの通信速度ってどれくらい違う?

実際に乗り換えるとなるとやはり気になるのはその通信速度ではないでしょうか。

格安SIMはLINEモバイルに限らず遅くなるっていうけど本当?

という疑問を抱えている方も多いですよね。

ということで、LINEモバイルと3大キャリアの通信速度も比較検証してみましたよ。

今回は『学校や仕事が一段落した時間』を想定して、大体19~20時前後のLINEモバイルや大手キャリアの通信速度を調査しました。

その結果がこちら!

LINEモバイル ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
ダウンロード 31.4 Mbps 28.8 Mbps 5.01 Mbps
アップロード 30.0 Mbps 1.98 Mbps 3.85 Mbps
大手キャリア ドコモ au ソフトバンク
ダウンロード 150 Mbps 131 Mbps 61.75 Mbps
アップロード 9.52 Mbps 52.9 Mbps 2.88 Mbps

こうして比較してみると、明らかに『大手キャリアの通信速度が速い』ということがわかります。

しかし、本当に大事なのは『大手キャリアより遅いかどうか』よりも『実際に使ってみて遅いと感じるかどうか』だと思いませんか?

大手キャリアより通信速度が遅くても、使用感に不満がなければ問題ないですよね!

LINEモバイルと大手キャリアの実際の通信速度

LINEモバイルの通信速度の使用感がどうなのか具体的な解説をする前に、

今回使用したLINEモバイルと大手キャリアの実際の通信速度データについて簡単にご紹介します。

まずはLINEモバイルの通信速度について。

LINEモバイルでは『ドコモ回線』『au回線』『ソフトバンク回線』の大手キャリアすべての回線が選択できます。

筆者はドコモ回線を利用しているので、LINEモバイルのドコモ回線では実際に計測した結果を使用しました。

★LINEモバイル:ドコモ回線

au回線とソフトバンク回線については、このようなツイートをしている方がいたので参考にさせていただきました!

★LINEモバイル:au回線

★LINEモバイル:ソフトバンク回線

続いて大手キャリア『ドコモ』『au』『ソフトバンク』の通信速度データです。

3大キャリアについても、筆者が実際に契約しているau以外の結果はTwitterで実際に利用している方の声を参考にさせていただきました。

★ドコモ回線

★au回線

★ソフトバンク回線

通信速度は『時間』『計測場所』『日程』『イベントの有無』など、微妙な条件によって結果に差が生じます。

大体の目安として参考にしていきましょう。


LINEモバイル

そもそも通信速度ってどれくらいあればいいの?

それでは実際に使用した時に『遅い』『快適』と感じる目安はどれくらいなのでしょうか?

よく利用しがちな使用用途ごとに必要になる通信速度の目安をまとめてみたのでまずはこちらをご覧ください。

主要な使用用途に必要な通信速度の目安
  • テキストメッセージのやりとり
    0.2 Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~3 Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~5 Mbps(高画質なほど早い方が良い)

最近は画像や動画を含むコンテンツが増えてきて、以前よりも通信速度が求められるようになってきました。

個人差はありますが、体感としては『大体5~10 Mbps以上あれば普通』『10 Mbps以上あればサクサク』という感じでしょうか。

もちろん速ければ速いほど快適になりますよ。

結局、LINEモバイルの通信速度は速い?遅い?

通信速度の目安がわかった所で、LINEモバイルの通信速度は実際に速いのか? 遅いのか?について考えてみました。

筆者が実際に使用してみて感じた答えは、普通に使用する分にはまったく問題ないということです。

速度が出にくいと言われる20時頃でも以上のような結果が出ていましたし、

20時頃にYouTubeで動画を見ていても一切止まることなくスムーズに視聴できます。

もちろんアプリのダウンロード速度も問題ありませんでした。

数字で見るとキャリアよりかなり遅く感じますが実際に使ってみると違和感もなく快適に利用できることがわかります。

それでいて料金はかなり節約になるのでかなりお得だと実感できました。

とはいえ全体的な速度で見れば遅くなってしまうことは間違いありません。

電波が弱い場所や混雑時の最大速度に関してはやはり大手キャリアが強いことは覚えておきましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら


LINEモバイル

LINEモバイルと大手キャリアから変更する際に必ず確認しておくべき注意点まとめ

LINEモバイルは確かに安くて便利でオススメ間違いなし!の格安SIMなのですが、大手キャリアからの乗り換えにはいくつか注意が必要です。

最後に大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える時に気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際の4つの注意点
  • 無制限かけ放題プランが使えなくなる
  • キャリアメールアドレスが使えなくなる
  • 解約時に手数料がかかる
  • 契約する回線によって使えるオプションが違う

乗り換える前に目を通して必ず確認しておくようにしましょう。

注意① 無制限かけ放題プランが使えなくなる

通話をメインにしている方は要注意!

LINEモバイルに乗り換えるとかけ放題プランが使えなくなります。

一応『10分電話かけ放題』というオプションがあるので短時間の通話がメインの方はこちらのオプションがお得です。

ちなみにLINEモバイルの通話料金ですが、『いつでも電話』というアプリを利用すれば30秒10円で通話ができます。

この価格は一般的な格安SIMの通話料の半額

大手キャリアの通話料の半額でもあります。

頻繁に通話をしない方でもインストールしておくときっと役に立つはず。

注意② キャリアメールアドレスが使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えるということはキャリアの契約を解除するということなので、

キャリアのメールアドレスが使えなくなります。

@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなどのメールアドレスがキャリアメールアドレスです。

iPhoneだとキャリアメールアドレスを使っている方は少ないかも知れませんね。

LINEモバイルに独自のメールアドレスはないので、メール機能を使うにはLINEモバイルでは無料で使えるフリーメールがおすすめ。

Yahoo!メールやGメールなどが人気です。

もしキャリアメールアドレスを積極的に使っている場合には、

乗り換え前にフリーメールの準備とアドレス登録してあるサービスの情報変更をしておくことをおすすめします。

注意③ 解約時に手数料がかかる

実はLINEモバイルのベーシックプランでは解約時に手数料が発生する仕組みになっています。

『ベーシックプラン』で契約しているすべての方が対象で、解約やMNP転出時には解約手数料 1,000円(税別)が発生してしまうんです。

期間の縛りなどもなく、契約から数ヶ月でも1年経過していても同じように1,000円発生するので要注意!

大手キャリアの期間契約プランのように『契約月の解約なら解約金不要』などという仕組みもありません。

注意④ 契約する回線によって使えるオプションが違う

LINEモバイルは『ドコモ回線』『ソフトバンク回線』『au回線』のすべてが契約可能です。

しかし契約する回線によって使えるオプションが違うので、利用したいオプションが決まっている方は注意しましょう。

それぞれの回線によって利用できるオプションはこちらの通りです。

オプション ドコモ ソフトバンク au
留守番電話 無料 なし なし
留守番電話Plus 月額300円
最大100件/1週間保存
月額300円
最大20件/72時間保存
月額300円
最大99件/1週間保存
グループ通話 月額200円
最大6人同時通話
なし 月額200円
最大3人同時通話
迷惑電話ストップ 月額100円
最大20件登録可能
無料(自動付帯) 月額100円
最大30件登録可能
転送電話 無料(自動付帯) 無料(要申込み) 無料(自動付帯)
国際電話 無料(自動付帯) 無料(要申込み) 無料(自動付帯)
国際ローミング なし 無料(要申込み)
利用開始月の3ヶ月後から申込み可能、要パスポート、要審査
なし

回線によっては使用できないオプションもあるので、使用したいオプションに対応しているかどうか確認の上で回線を選びましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら


LINEモバイル

まとめ

LINEモバイルに乗り換えるとスマホ代の節約になること間違いなし!

筆者の体感では電波に関しても申し分ないと感じます。

乗り換えの際には気をつけておきたいことが何点かあるので、事前によく検討した上で申し込みましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら


LINEモバイル